自閉症スペクトラム障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

男性(20代/無職 )
傷病名:自閉症スペクトラム障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
支給月から更新月までの支給総額:約416万円

相談時の相談者様の状況

出生時に先天性の疾患を指摘されることはありませんでした。
保育園に入園後、食事や着替えに時間がかかっていましたが、ご家族は本人の性格や意識の問題と認識していました。
小学校入学以降、文字が書けない、マスからはみ出してしまうといった学習面の遅れや言葉のコミュニケーションがうまく取れず同年代の子と打ち解けられないといったことがあり、医療機関を受診。
検査の結果、アスペルガー症候群と診断されました。
小学校高学年からは家庭内暴力が酷くなり、閉鎖病棟での入退院を繰り返します。
無断で他人の家へ侵入したり、小さな音が聞こえただけでも大声で怒鳴り物を投げつけるといった問題行動もあり、現在は発達障害に特化したフォローアップのため、定期的な外来通院にて生活指導、カウンセリングを受けています。

相談から請求までのサポート

初診の医療機関と診断書作成医療機関が同一の場合、診断書に初診日が記載されるため受診状況等証明書は不要となります。
この方は初診の病院と現在通院中の病院が同じため、受診状況等証明書の取得は行わず診断書の取得から手続きを進めました。
また、この方は20歳以前に病院受診していたため、20歳に達した日(20歳の誕生日の前日)が障害認定日となります。
障害認定日当時も病院に通院していたことから、障害認定日と現在2通の診断書を取得しました。
いずれもご本人様の日常生活に即した内容で記載いただきました。
病歴就労状況等申立書は診断書の内容に合わせ、日常生活状況を詳細に記し作成しました。

結果

障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給しました。

その他の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例