統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

男性(30代/アルバイト)
傷病名:統合失調症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

相談時の相談者様の状況

病状により自宅から出ることもできず、通院と1回1時間のアルバイト以外自宅に引きこもる生活が続いていました。
しかしご両親も高齢となり、将来に不安を感じお母様と無料相談にお越しいただきました。
普段外出しないため、電車に乗ったのも10年以上ぶりだと仰っていました。
病状を伺うとかなり深刻で、ご本人様の希望もあり障害年金の申請をサポートさせていただくことになりました。

相談から請求までのサポート

初診から現在まで同じ病院に通院していたとのことで、診断書の取得から行いました。
診断書依頼の際には面談時に伺った内容を参考資料にまとめ、添付しました。
以前も診断書依頼をさせていただいた病院様でしたが、ご本人様から診断書依頼をしていただいたところこちらで作成した参考資料は一切受け取っていただけませんでした。
そのため診断書に現状を反映いただけるか不安でしたが、出来上がった診断書を拝見すると、ご本人様の病状がしっかりと記載されていました。
診断書記載文中に1度のみ受診した前医の記載があったため、カルテが残っていることを確認し受診状況等証明書を依頼しました。
幸い1週間程で作成いただいたため、迅速に提出を終えることができました。
病院から書類を取得することで新たに前医が出てくる場合もあります。
初診日が変わってしまった場合には、納付要件を確認し直すことも大切です。

結果 

障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例