社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

女性(40代/障害者雇用)
傷病名:統合失調症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 (年間約78万円受給)

相談時の相談者様の状況

メールでお問い合わせいただき、後日無料相談にお越しいただきました。
相談者様は高校生の頃から集団になじむことが出来ず孤立している状態が続いていたそうです
不眠が続き自室に引きこもる生活をしているうちに、自分の悪口が聞こえたり、監視されているような気がすることが増えていきました。
医療機関を受診したところ統合失調症と診断され現在にいたります。
過去にご両親とともに2度の手続きをされましたが、いずれも不支給という結果でした。

相談から請求までのサポート

過去に手続きをした際の診断書や病歴就労状況等申立書を確認したところ、日常生活について実態と相違がある点が見受けられました。
日常生活の細かな点については、単身だったらどうかという観点で判断していただく必要があります。
今まで伝えていなかった日常生活の支障をしっかりと伝えていただくようにご案内しました。
病歴就労状況等申立書にはこれまでの治療歴や就労状況、周囲の援助の内容を細かく記載しました。

結果

統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」「統合失調症」の記事一覧