MENU

統合失調症で障害基礎年金1級を取得、年間約98万円を受給できたケース

相談者

男性(20代/無職)
傷病名:統合失調症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級

相談時の相談者様の状況

定時制高校と日中のお仕事を両立されていた中、突然外出を嫌がるようになり自室に引きこもるようになりました。
幻聴・幻覚から独り言を繰り返し、医療機関を受診。
診察の結果、統合失調症と診断されました。
ご本人に病気の自覚がなく、以後半年ほど通院していませんでしたが、家族の説得のもと社会参加を目指して通院を再開しました。
現在は週1回の通院と服薬で治療に専念されています。
 

相談から請求までのサポート

ご本人様は初対面の相手と話をすることが出来ないということで、お姉様と面談をさせて頂きました。
お姉様はじめご家族様もご病気に心を痛めておりました。
ご本人様の他に幼い弟妹がいらっしゃるため身の安全や弟妹への影響を考慮され、ご自宅近くのアパートにご本人様を別居させていました。
障害年金の審査では単身生活をしている場合、ご病気があっても日常生活が単独で可能とみなされるケースが多々あります。
実際には日々、衣食住の援助を行っており主治医の先生もご家族様のご事情や援助の状況を十分に把握されていました。
当センターでも、改めてお姉様から日常生活の詳細、援助の内容を伺い参考資料を作成しました。
診断書には参考資料に基づき日常生活のご様子も丁寧に記載して頂くことができました。

結果

障害基礎年金1級を取得し、年間約98万円を受給しました。