MENU

統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

女性(40代/就労継続支援施設)
傷病名:統合失調症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

相談時の相談者様の状況

就労継続支援B型事業所に通所中のご本人様と、事業所スタッフの方お二人からご相談をお伺いしました。
ご本人様は高校卒業後、穀物流通の会社に就職しましたが人に見られているという恐怖感で仕事に集中できず、仕事が覚えられなくていじめにあったことがあり、1年で仕事を辞めてしまいました。
その後職を転々としましたが、いずれも続かず引きこもり状態になってしまいました。
アルバイトを始めてはいじめにあい、具合が悪くなり辞めてしまい、また別のアルバイトをするという状態を繰り返しました。
一度に大量服薬する自殺未遂を繰り返すときもありました。
継続的に病院を受診し、統合失調症と診断を受け投薬治療を続けていますが、身のまわりのことも多くの援助が必要で、精神的経済的にも苦しい状態です。

相談から請求までのサポート

本人様と面談でお会いして、日常生活の聞き取りと病歴・就労状況等申立書の聞き取りを行いました。
ご本人様からヒアリングした内容をもとに診断書の内容と整合性をとり、具体的なエピソードを交えた病歴就労状況等申立書を作成致しました。

結果 

統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できました。