MENU

統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

男性(30代/障害者雇用)
傷病名:統合失調症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

相談時の相談者様の状況

お母様よりご相談いただき、面談にお越しいただきました。
この方は予備校講師を目指し勉学に励んでいたところ、不眠や気分の落ち込みといった症状が現れたため医療機関を受診しました。
当初は自律神経失調症と診断をされていましたが、その後病状は悪化の一途をたどり、自宅から外出できないほどになってしまいました。
このため一時通院できない時期もありましたが、現在は通院し服薬を続けています。

相談から請求までのサポート

相談を受けた当初、精神的なショックを受けてしまうことを懸念し、ご本人様は病名を知らされていませんでした。
障害年金を申請するとなれば、ご自身の病名が診断書に記載されるため、まずは医師から病名を伝えてもらい、病名を知った上で手続きを進めることにしました。
初診病院と障害認定日の病院が同一で、カルテも残っていたため障害認定日の診断書を取得しました。
その後現在の診断書を取得し、診断書の内容に合わせ病歴・就労状況等申立書を作成しました。
現在の診断書を作成いただく際、初診日の証明として障害認定日の診断書を添付したため、診断書の取得には時間がかかってしまいましたが、その分整合性の取れた内容で提出することができました。

結果

統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できました。