うつ病で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

男性(40代/無職)
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

相談時の相談者様の状況

ご本人様とお母様お二人で、ご自宅から近い船橋面談へお越しいただきました。
抑うつ気分、易疲労感が酷く、日常生活はお母様の援助を受けて生活を送っているようでした。
投薬治療を受けても症状は安定せず、不眠や気分の落ち込みに悩まされており、一日中横になって過ごしていることがほとんどでした。
経済的不安を解消し、治療に専念できる環境を整えたいと考えていたため障害年金の手続きを考え、一度ご自身で申請をしましたが、不支給になってしまったため、弊事務所へご依頼をいただきました。

相談から請求までのサポート

初めて受診した病院と、障害認定日の病院が同じであったため、受診状況等証明書は取得する必要がなく、障害認定日と現在の病院の診断書1通ずつの計2通を取得しました。
障害認定日・現在の診断書にそれぞれ加筆箇所がありましたが、依頼状に加筆箇所をわかりやすく明記することでスムーズに加筆していただきました。
ご本人様からお伺いした認定日と現在の状況についての資料を医師にお渡しすることで、ご本人様の病状に即した診断書をお書きいただけました。
ご本人様からヒアリングした内容をもとに診断書の内容と整合性をとり、具体的なエピソードを交えた病歴就労状況等申立書を作成致しました。

結果 

うつ病で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できました。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例