うつ病で障害基礎年金2級を取得、さかのぼりで約440万円を受給できたケース

相談者

女性(20代/無職)
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級(年間約78万円受給)

相談時の相談者様の状況

お父様からご相談のお電話をいただき、面談へお越しいただきました。
高校生の頃から不眠、不安、動悸、他人と会いたくない等の症状が強く夜に泣き出すという出来事が多々見られました。
現在も人間関係を築くことが苦手でパートやアルバイトが出来ません。通院を続けていますが常に家族の援助が必要な状況です。

相談から請求までのサポート

お父様と基本的にご連絡を取らせていただきました。
初診、障害認定日、現在とずっと同じ医師にかかっていたため、手続きはスムーズでした。
現在の症状についてはご本人様のご状態をお聞きしたうえで、こちらで作成した資料を医師へお渡しいただきました。
医師との信頼関係もあり診断書は実態に即した内容でした。
お父様が発病から現在までの様子をまとめてくださった資料をもとに当センターで詳細なエピソードを交えた病歴就労状況等申立書を作成しました。

結果

うつ病で障害基礎年金2級を取得、さかのぼりで約440万円を受給できました。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例