うつ病で障害厚生年金2級を取得、年間約126万円を受給できたケース

相談者

女性(50代/無職)
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

相談時の相談者様の状況

夫から離婚を切りだされ、何もする気が起きず抑うつ症状が現れるようになりました。
当時は会社員でしたが希死念慮が強く、休職の後退職せざるを得なくなってしまいました。
現在は娘の家の近くに転居し治療を続けていますが、家の中はゴミ屋敷になり終日家の中で横になってすごしています。

相談から請求までのサポート

最初に相談の電話を受けたときには、「死にたい」と何度も叫びながら号泣されており、さながら命の電話のようなご状態でした。
20年以上前から勤務の傍ら断続的に通院しておりましたが、現在は症状悪化のため就労不可能です。
娘さんとの関係も悪化し希死念慮が強く、自殺企図の心配が常にありました。
診断書の依頼にあたり、医師にこうした現状をしっかりとお伝えし、また、病歴就労状況等申立書の作成にあたっても詳細に記載しておきました。

結果

障害厚生年金2級を取得、年間約126万円を受給しました。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例