うつ病で障害厚生3級を取得、年間約58万円を受給できたケース

相談者

女性(30代/無職)
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級

相談時の相談者様の状況

小学生頃より眠気が強く、ナルコレプシーに加えうつ病も発症していました。
子どもを育てるためにもなんとかパートをしていましたが、職場では病気に関する理解がなく、精神的にも辛い状況が続いていました。
近所に住むお姉様に手助けしてもらいながら生活していましたが、経済的な不安を払拭し治療に専念したいと障害年金の申請を考えるようになりました。
お電話で相談いただいた後、お姉様とともに面談にお越しいただきました。

相談から請求までのサポート

受診状況等証明書の取得から行いました。受取は窓口だったため、職員が代わりに受取をしました。
発病から初診までは二十数年かかっていましたが、前医がないことをはっきりと記載いただきました。
診断書は、障害認定日・現在ともに同じ病院を受診していたため、すぐに作成いただくことができました。
病歴就労状況等申立書については、発症から現在までの状況や現在の病状について詳しくヒアリングを行い、日常生活の状況や苦しんでいる症状について、具体的なエピソードも交えてを作成しました。

結果 

うつ病で障害厚生3級を取得、年間約58万円を受給できました。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例