うつ病で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

男性(40代/無職)
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
支給月から更新月までの支給総額:約130万円

相談時の相談者様の状況

発病時は会社員でした。
自分と周りの感覚がずれているのではという違和感をいつも抱いていました。
こうした感覚が強くなり、次第に不安や抑うつ症状が現れるようになり精神科を受診。
投薬治療を始めますが症状に変化がみられず一日中寝たきりの日が続いていました。
現在はより良い治療を求めて転院。対人不安はあるもののパートタイマーとして再雇用をめざしています。
 

相談から請求までのサポート

受診状況等証明書の取得から行いました。
受診状況等証明書は作成いただきましたが、初診病院が改名しており、それに伴い当時のカルテは破棄されていたため初診日以外の記載は一切ありませんでした。
しかし、次の病院への紹介状を入手し、その中に初診までの詳細な記載があったため、添付することで有効な初診証明とすることができました。
障害認定日当時のカルテは破棄されていたため、事後重症請求を行いました。
現在通院中の病院へ診断書を依頼する際には、事前に日常生活のヒアリングをさせていただき、参考資料を添付し依頼しました。

結果

障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給しました。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例