反復性うつ病性障害で障害厚生年金2級を取得、年間約154万円を受給できたケース

相談者

男性(50代/無職)
傷病名:反復性うつ病性障害
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
支給月から更新月までの支給総額:約270万円

相談時の相談者様の状況

勤務先の人間関係や仕事内容にストレスを感じ不眠・不安などの症状が出るようになりました。
受診の結果、自律神経失調症との診断を受けます。
その後休職をしましたが症状はなかなか改善せず退職をされました。
現在は実家に戻られ、ご家族の援助のもと生活を送られています。
 

相談から請求までのサポート

初診の病院は20年以上前であったことに加え、夜間の外来であったためカルテの保存がなく、初診の証明はいただけませんでした。
しかし、次の病院で初診の病院を受診していたという内容を含めた受診状況を証明していただくことができました。
病歴就労状況申立書については日常生活の状況を詳しくお伺いし作成をしました。

結果

反復性うつ病性障害 で障害厚生年金2 級を取得、年間約 154万円を受給しました。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例