MENU

双極生感情障害で障害厚生年金2級を取得、年間約145万円を受給できたケース

相談者

女性(50代/無職)
傷病名:双極性感情障害
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

相談時の相談者様の状況

転職を機にストレス過多になり、記憶障害や体のだるさを感じ受診。
投薬をうけていたものの感情のコントロールができず人間関係のトラブルが絶えない状態でした。
浪費も激しく自己破産し、自傷行為を繰り返している状態です。

相談から請求までのサポート

ご本人様が直接ご相談にいらっしゃいました。
非常に礼節が保たれた女性という第一印象を受けましたが、これまでの病歴や日常生活での困りごとをヒアリングすると、非常にご苦労されている様子が伺えました。
激しい躁転と鬱転を短いサイクルで繰り返し、自傷行為も頻繁なご様子でした。
初診時から通院先が1箇所で医師との信頼関係も良好だったため、障害認定日および現症とも診断書の作成は比較的スムーズに進みました。
記憶力や活字に対する認知能力の低下が著しいということで、「病歴就労状況等申立書」については相談員がヒアリングしたエピソードと診断書の内容を精査し、作成のお手伝いを致しました。

結 果

障害厚生年金2級(年額約145万円)、5年間の遡りで約790万円を受給しました。