MENU

双極性感情障害で障害厚生年金2級を取得、年間約165万円を受給できたケース

相談者

男性(40代/会社員(休職中))
傷病名:双極性感情障害
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

相談時の相談者様の状況

営業職として就労していましたが、上司からのパワハラや長時間の残業によりストレスを抱えていました。
次第に意欲低下や食欲不振といった症状が出現したため、医療機関を受診。
以来10年ほど通院を継続していますが、症状は一進一退で、何度も休職・復職を繰り返してきました。
会社にはなんとか在籍できていますが、度重なる休職により収入も安定しないため、経済的不安が強まりご相談いただきました。

相談から請求までのサポート

初診病院はすでに廃院していましたが、幸いご本人様が休職時の診断書をお持ちだったため初診日の証明として使用しました。
この方は年金記録を見ると長年1つの会社にお勤めであったため、長期にわたり就労ができていると見られてしまう可能性がありました。
このため診断書依頼時にはこれまで幾度も休職を繰り返していること、会社の手厚い配慮があるため在籍できているにすぎないこと、休職中は給与支給がなく経済的に不安定な状態であることを参考資料に盛り込み、医師へお渡しいただきました。
また、請求時には給与支給がないことの証明として給与明細書を添付するなど、会社に在籍していることをもって就労可能と判断されないよう留意し手続きを行いました。

結果

双極性感情障害で障害厚生年金2級を取得、年間約165万円を受給できました。