MENU

双極性障害で障害厚生年金1級を取得、年間約240万円を受給できたケース

相談者

男性(40代/無職)
傷病名:双極性障害
決定した年金種類と等級:障害厚生年金1級

相談時の相談者様の状況

ご本人様からお電話をいただき、その後面談へお越しいただきました。
めまい、不眠、疲労感などにより仕事が長く続かず、転職を繰り返していました。
ご相談当時、勤めていらした工場の機械オペレーターも退職予定であり、無収入になってしまうことから経済的な不安が大きかったようです。

相談から請求までのサポート

面談で日常生活の細かい聞き取りを行い、申立書に具体的エピソードを交えて記載致しました。
ご本人様が面談でお話された初診日よりも前に訪れていた病院があり、再度受診状況等証明書を取得しました。
現在の状況についての診断書をお医者さまへ記載いただくにあたり、参考資料を作成しご本人様に診断書の白地をお渡しいただきました。

結果 

双極性障害で障害厚生年金1級を取得、年間約240万円を受給できました。