人工関節(関節リウマチ・両変形性股関節症)で障害共済年金2級を取得、年間約185万円を受給できたケース

相談者

女性(50代/無職)
傷病名:関節リウマチ・両変形性股関節症
決定した年金種類と等級:障害共済年金2級

相談時の相談者様の状況

学校での勤務中、転倒し左大腿骨を骨折。
手術をしましたが直後から、手術部位とは異なる腰や下肢に痛みが発生し歩行困難となりました。
入院中に痛みやしびれの範囲が広がり精密検査を受けたところ「腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱狭窄症」が見付かりました。
退院後はリハビリと投薬で痛みを我慢しながら仕事を続けていましたが症状は悪化。
手術を繰り返すようになりました。
その後、関節リウマチも発症し、両人工股関節置換の手術を受けました。
多関節の痛みにより生活の動きも制限され、休職後退職を余儀なくされました。
現在は自宅療養中です。

相談から請求までのサポート

骨折による入院をきっかけに全身に様々な症状が痛みやしびれが発生したため、初診日の確認に非常に時間が掛かりました。
審査を行う共済組合の上部団体様から度重なる照会があり、その都度、病院に治療の経緯を確認の上、書類の訂正を依頼しました。
結果的に請求から年金証書の受取りまでに2年を要した案件でした。
審査があまりにも長期化したためご相談者様も不安が募りましたが、人工関節置換の3級に留まらず、関節リウマチも含めた総合的な判断で2級が認定され大変安堵されていました。

結果

障害共済年金2級を取得、年間約185万円を受給しました。

人工関節の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例