右大腿骨頸部骨折で障害厚生3級を取得、総額約143万円を受給できたケース

相談者

男性(50代/会社員)
傷病名:右大腿骨頚部骨折・右骨盤部打撲傷
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
1年6ヶ月遡及額:約143万円

相談時の相談者様の状況

はじめにメールでご相談いただき、後日無料相談にお越しいただきました。
通勤中に事故にあわれ、人工股関節の挿入術を受けられました。
術後の状態は良好でしたが、お仕事があるため、年金事務所や病院に足を運ぶ時間を取ることが難しいことと、手続きが煩雑であるため、ご自身で手続きをすることは困難とのことでご依頼いただきました。
 

相談から請求までのサポート

障害厚生年金と障害補償年金(労災年金)を受け取る場合、労災年金の額は減額され支給されることになっています。
しかし、今回のケースでは労災保険の保険給付からは一時金の給付のみであったので調整はなく障害厚生年金はそのまま全額支給されることになりました。
面談時に事故当時から現在までの状況を詳しくヒアリングさせていただき、参考資料とともに診断書の依頼をさせていただきました。
病歴就労状況等申立書には診断書だけではあらわせない日常生活の不便な点など丁寧に記載しました。

結果

障害厚生年金3級を取得(年額約90万円)、1年6ヶ月の遡及で約143万円を受給しました。

人工関節の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例