脳幹出血で障害厚生2級を取得、年間約150万円を受給できたケース

相談者

女性(50代/無職)
傷病名:脳幹出血
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

相談時の相談者様の状況

当センターのHPで受給判定を受け、その後ご主人様と一緒に面談にお越しいただきました。
相談者様は脳幹出血で救急搬送され、そのまま入院。
退院後はリハビリを継続しておりましたが、現在も右片麻痺が残っています。
傷病手当金が満了となるため、経済的な不安から障害年金の手続きを検討されたとのことでした。

相談から請求までのサポート

退院後も継続して、リハビリのため通院しておられました。
継続中のリハビリは機能回復のためのものではなく、機能維持を目的としたものでした。
また、ろれつが回らない、複視の症状もあったので、医師に診断書作成をお願いしていただく際は、その旨も忘れずお書きいただくよう伝えてもらいました。
そして病歴就労状況等申立書をこちらで作成する際も、日常生活の支障についてをくわしく記載しました。

結果

障害厚生2級を取得、年間約150万円を受給できました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例