MENU

脳出血(くも膜下出血)で障害基礎年金1級を取得、年間約98万円を受給できたケース

相談者

女性(60代/無職)
傷病名:くも膜下出血
決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級
支給月から更新月までの支給総額:約536万円

相談時の相談者様の状況

ご本人様はお一人での外出は出来ず、トイレの介助、寝返りの介助等日常生活全てにおいてご主人様の援助が必要不可欠な状況でした。
ご主人様は奥様の介護で外出や連絡も限られるご状況でした。

相談から請求までのサポート

ご主人様は介護でご多忙のため、連絡はすべてメールで行い時間ができた際に見て頂けるようにしました。
併合認定の可能性があったため、診断書は言語障害・嚥下障害、肢体障害を取得しました。
言語障害は言語聴覚士によるリハビリや専門知識のある医師による測定等が必要になるため、通院していた病院では診断書の記載を断られてしまいました。
そのため、過去に通院していた病院へ再受診して頂き2種類の診断書を取得することができました。

結果

障害基礎年金1級を取得、年間約98万円を受給しました。