MENU

くも膜下出血・高次脳機能障害で障害厚生年金3級を取得、年間約58万円を受給できたケース

相談者

女性(30代/無職)
傷病名:くも膜下出血・高次脳機能障害
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級

相談時の相談者様の状況

勤務先で倒れ、救急搬送されてくも膜下出血と診断を受けました。
数回の手術を受け療養を続けましたが、後遺症として左半身の麻痺と高次脳機能障害が残りました。
リハビリを続けていらっしゃいますが日常生活に支障が出ている部分も多く、ご相談をいただきました。

相談から請求までのサポート

救急搬送された初診の病院が、書類の依頼・受取ともに窓口訪問必須でした。
ご家族様はお仕事の都合で、受付時間内の病院訪問が難しい状況でした。
当センターの職員が代理訪問の上、初診日の証明書にあたる「受診状況等証明書」を取得しました。
また、ご本人さまの努力やご家族の介助もあり治療開始時より症状が改善されていたものの、危険が伴う家事は避けるようにしている、入浴に時間がかかる等日常生活においての支障は残っていらっしゃいました。
「発病前と比べて」という点で状況を詳しくお伺いし、診断書作成時の参考資料を作成しました。

結果

障害厚生年金3級を取得、年間約58万円を受給できました。