MENU

脳梗塞で障害基礎年金1級を取得、年間約97万円を受給できたケース

相談者

女性(40代/無職)
傷病名:脳梗塞
決定した年金種類と等級:障害基礎年金 1級

相談時の相談者様の状況

相談者様は小学生の頃、体育の授業中の怪我が原因で脳梗塞を発症しました。
左半身に麻痺が残ったため10代のうちに障害者手帳を取得し、長年、障害者雇用でお仕事をされていました。
その後雇い止めとなり、再就職が捗らないことから就労支援施設の通所を開始されました。
そちらの施設で当センターの所長が障害年金に関する勉強会を開催したことがご縁でご相談のメールを頂きました。

相談から請求までのサポート

当初お伺いしていたのは左半身麻痺のみでしたが、当センターの相談員が実際にお会いしたところ、高次脳機能障害も併発しているのではないかという印象を持ちました。
まずは、左半身麻痺と高次脳機能障害を合わせて診察して頂ける病院探しからお手伝いを始めました。
病院に持参する病歴についての資料作成や、病院のソーシャルワーカー様との連絡についても当センターで代行しました。
精査の結果、脳梗塞による左半身麻痺と高次脳機能障害2通の診断書を作成して頂くことが出来ました。

結果

障害基礎年金1級を取得、年間約97万円を受給できました。