社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

人工透析(慢性腎不全)で障害厚生年金2級を取得、年間約130万円を受給できたケース

相談者

男性(40代/会社員)
傷病名:慢性腎不全
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 (年間約130万円受給)

相談時の相談者様の状況

お電話をいただき後日無料相談にお越しいただきました。
7年程前に目のかすみが気になり眼科を受診したところ、糖尿病網膜症の疑いがあると診断されました。
紹介状をもらって内科で精査を受けたところ、糖尿病の指摘を受けました。
その後、外来通院で経過観察を継続しましたが症状は改善されず人工透析となりました。

相談から請求までのサポート

初診日を証明する受診状況等証明書の取得からサポートさせていただきました。
初診の病院ではカルテが残っておりませんでしたが、2番目の病院に紹介状が残っておりましたので、受診状況等証明書の作成依頼とともに紹介状の添付をお願いいたしました。
ヒアリングした内容をもとに病歴就労状況等申立書を作成しました。

結果

人工透析(慢性腎不全)で障害厚生年金2級を取得、年間約130万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「腎疾患」「慢性賢不全」の記事一覧