MENU

人工透析(慢性腎不全)で障害厚生年金2級を取得、年間約138万円を受給できたケース

相談者

男性(50代/無職)
傷病名:慢性腎不全
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
支給月から更新月までの支給総額:約664万円

相談時の相談者様の状況

糖尿病がきっかけで人工透析を施行されており、ご自身で手続きのために役所に行き、必要な書類を受け取ったが何から手をつけたらよいか困っていたところ役所の方から当センターを紹介されご来所いただきました。
他県にも関わらず、わざわざご来所いただきました。

相談から請求までのサポート

人工透析の方は初診日の確定が難しいケースがあります。
このご依頼者様の場合は人工透析を受けている病院の前に自宅近くに小さなかかりつけの病院に受診していました。
当センターで初診についてヒアリングした時は糖尿病との診断はなかったと伺っておりましたが、念のため受診状況等証明書を取得したところ、病名が糖尿病と記載されておりました。
そのため、診断書をご記載頂くお医者様へ初診についてお伝えした上で診断書を記載していただくことができました。

結果

障害厚生年金2級を取得、年間約138万円を受給しました。