人工透析(腎硬化症)で障害厚生2級を取得、さかのぼりで約280万円を受給できたケース

相談者

男性(50代/会社員)
傷病名:腎硬化症
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級(年間約170万円受給)

相談時の相談者様の状況

1年ほど前から腎硬化症により人工透析を開始しておりました。
お仕事が忙しく年金事務所へ行く時間もなかなか取れないことと、書類の多さ等お一人で手続きすることが難しいということでご相談にお越しいただきました。

相談から請求までのサポート

体調に異変を感じ始めて受診された内科クリニックへ受診状況等証明書(初診証明)の作成の依頼からさせていただきました。
週3回透析のため通院をされておりましたので、診断書についてはご本人様より医師にお渡しいただきました。
病歴就労状況等申立書を作成する際は、初診日について誤解が生じたりすることが無いよう、発症から現在までの経緯をわかりやすくまとめました。

結果

人工透析(腎硬化症)で障害厚生2級を取得、さかのぼりで約280万円を受給できました。

その他の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例