S字結腸がん・転移性肝がんで障害厚生年金3級を取得、総額約320万円を受給できたケース

相談者

男性(40代/無職)
傷病名:S字結腸がん・転移性肝がん
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
5年遡及額:約320万円

相談時の相談者様の状況

ご自身で何度か年金事務所に足を運び手続きを進めており、既に受診状況等証明書、診断書(認定日・現在)を取得しておりました。
診断書の中身を確認したところ重要となる箇所の日付が誤って記載されておりました。
これまでにも訂正のお願いをするために病院に通われたそうです。
体調が不安定なため、これ以上ご自身ですすめるのは困難だということでご依頼いただきました。

相談から請求までのサポート

治療とお仕事を両立されており、当センターで病院の窓口に出向き、訂正の依頼をさせていただきました。
その際がんの診断書で重要とされる一般状態区分のチェックの位置が、ご本人様より聞いた内容より軽いものになっていましたので、参考資料とともに訂正のお願いをしたところ、対応して下さいました。
病歴就労状況等申立書については事前にご本人様に発病から現在までの様子を詳しくヒアリングさせていただき丁寧に作成いたしました。

結 果

障害厚生年金3級(年間約58万円)を取得、5年間の遡りで約320万円を受給しました。

がんの最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例