MENU

20歳前

 >> 統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 高校生頃より他人の目線が気になったり、周囲に噂されていると感じることが増え医療機関を受診されました。 それ以降現在まで長年に渡り治療を継続していますが、明らかな改善は見られず、家族に迷惑をかけていることを心苦しく感じています。 障害年金を受給することで少しでも経済的負担を軽減できればと、ご相談にお越しいただきました。 相談から請求までのサポート 発病が20歳前であ 続きを読む >>

 >> 統合失調症で障害基礎年金1級を取得、年間約97万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご相談者様ご本人は15年以上精神科病棟に入院中ということで、弟様がご相談にいらっしゃいました。 ご本人様に幻聴・幻覚の症状が現れたのは今から40年程前のことでした。 当時、高校生で近所迷惑になるような奇行が目立ったため、お母様の判断で近所でも有名な精神科専門病院を受診したそうです。 40年前は精神疾患に対する偏見が強く、お母様は夫(ご本人様の父親)にも病院受診のこと 続きを読む >>

 >> てんかん・中等度知的障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース 

相談時の相談者様の状況 お母様よりお電話をいただき後日無料相談にお越しいただきました。 娘さんは4歳の頃からてんかんの発作に悩まされていました。 服薬では発作のコントロールができず、日常生活に大きな支障を抱えていたそうです。 現在は障害者雇用で周囲の配慮を受けながらなんとか就労をしていますが、いつまで続けられるか非常に不安であるとのことでした。 何か支援を受けられないかと探していてところ 続きを読む >>

 >> うつ病・発達障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 お母様からお電話をいただき、後日、ご本人様と2人で無料相談にお越しいただきました。 19歳の頃に精神的に不安になり、医療機関を受診されたそうです。 気分変調症・発達障害の疑いがあると診断され、薬の処方を受けました。 服薬をしても、症状に改善が見られなかったので自己判断で通院をされたそうです。 その後2年ほどは自宅に引きこもるような状態でした。 最近になって症状の 続きを読む >>

 >> 神経下垂体部胚細胞性腫瘍で障害基礎年金1級を取得、年間約97万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 小学生の時に神経下垂体部胚細胞性腫瘍が発見され、脳外科で大きな手術を受けました。 その影響から記憶障害が残り、日常生活に大きな支障をきたしていました。 就労も出来ない状態のため、ご両親様は将来のことをとても心配していました。 相談から請求までのサポート 初診日は他県の大学病院だったため、ソーシャルワーカーの方を通して書類のやり取りを行いました。 診断書には日常生 続きを読む >>

 >> 右室性単心室症、フォンタン術後、慢性心不全で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 当初はご自身で手続きを進めていましたが、初診日について悩まれ相談にお越しいただきました。 この方は先天性の単心室症により5歳で手術を行い、その後経過観察を続けていました。 しかし日常生活にそこまでの支障はなかったため、途中で通院を中断。 その後厚生年金加入中に不整脈により失神し、救急搬送されました。 現在も通院を継続していますが、症状により就労ができず経済的な不安 続きを読む >>

 >> てんかんで障害基礎年金1級を取得、年間約97万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご相談者様はてんかん発作の頻度が多く、お一人での外出に危険が伴うためご主人様とご一緒にお越し頂きました。 幼少時よりてんかんの治療を継続し1年前には外科手術も受けられましたが発作が改善せず、お仕事に就けないため障害年金の受給を希望されていました。 発作時のご様子や日常生活にどのような支障が出ているのか詳しくお伺いしたところ、障害認定基準に該当する可能性が高いということ 続きを読む >>

 >> 人工関節(右変形性股関節症)で障害厚生年金3級を取得、年間約58万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 歩行時に右股関節に違和感を覚えるようになり、近所の整骨院でマッサージや電気治療を受けながら様子を見ていました。 次第に痛みが激しくなり、歩行や仕事に支障をきたすようになったため医療機関を受診。 股関節に変形があると指摘を受けましたがトレーニングなどの保存療養で経過観察を勧められました。 その後、足を引きずって歩くほど症状が悪化し、再度医療機関を受診。 右股関節の臼 続きを読む >>

 >> 広汎性発達障害・双極性感情障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 幼少期は言葉が遅く、あまり周りの子どもとかかわることのない子供でした。 小学校は普通学級に在籍していましたが、注意力がなく集団行動ができないといった問題行動が顕著となり受診し、自閉症スペクトラムの可能性を指摘されました。 根本的治療が無いと言われたため中学校、高校と普通学級で進学しましたが、周囲に馴染めず次第に引きこもり不登校になりました。 高校を退学後は食事も取ら 続きを読む >>

 >> てんかんで障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 小学校高学年頃から頭痛や眼痛を訴えるようになり、市販薬の服用で様子を見ていました。 その後、意識減損を伴う発作を発症して専門医を受診したところ、てんかんと診断されました。 通院・服薬を続けていましたが、発作のコントールができず、外科手術を受けましたが、現在も意識減損を伴う発作が頻発しています。 症状により、日常生活全般に制限があり、就労もできません。 経済的な不安 続きを読む >>

<< 前の記事を見る