MENU

発達障害・知的障害

 >> 自閉症スペクトラム障害・ADHDで障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者 男性(20代/無職) 傷病名:自閉症スペクトラム障害、ADHD 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級   相談時の相談者様の状況 ご本人様・お母様からご相談がありました。 障害年金の請求を行いたが、担当医師が代わったことやあまり障害年金にご理解がなく困っておられました。 相談から請求までのサポート 現在のご病状、日常生活状況を的確に診断して頂くため診断書参考資料を作成 続きを読む >>

 >> 自閉症スペクトラム障害、知的障害で障害基礎年金1級を取得、年間約97万円を受給できたケース

相談者 男性(20代/無職) 傷病名:自閉症スペクトラム障害、知的障害 決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級   相談時の相談者様の状況 19歳の息子様のご相談にお父様からご相談いただきました。 生まれつき重度の知的障害と診断されており、20歳になるタイミングで障害年金の申請ができるようにしたいというご希望がありました。 お父様は仕事が多忙であったため、ご依頼いただきました。 続きを読む >>

 >> 広汎性発達障害・注意欠陥多動性障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者 男性(20代/無職) 傷病名:広汎性発達障害・注意欠陥多動性障害 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 相談時の相談者様の状況 就労移行支援事業所よりご紹介いただき、相談にお越しいただきました。 幼少期から人間関係で躓くことが多く、就労をしても周囲とのコミュニケーションが上手くいかず短期間で退職に至っていました。 現在就労移行支援事業所に通所していますが、訓練を受けても会 続きを読む >>

 >> ADHD(注意欠陥多動性障害)で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者 男性(30代/無職) 傷病名:ADHD(注意欠陥多動性障害) 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 相談時の相談者様の状況 幼少時から落ち着きがなく、忘れ物や整理整頓について注意されることが多いお子さんだったそうです。 学業に関しては得意科目と不得意科目の差が激しく、好きな科目には時間の経過や周囲の状況が分からなくなるほど集中することが頻繁にあったそうです。 時間の経過に無頓着なため 続きを読む >>

 >> 広汎性発達障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者 男性(30代/無職) 傷病名:広汎性発達障害 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 相談時の相談者様の状況 幼少時より極度の偏食やこだわりの強さ、対人関係の困難さ、衝動的な暴力行為などが顕著に見られ、周囲との違和感を覚えながら成長されたそうです。 成人してからも仕事が長続きせずお父様から経済的な支援を受けていましたが、お父様の定年退職を機に、自立を促されました。 一般の就労は困難との判 続きを読む >>

 >> 広汎性発達障害、強迫性障害で障害基礎年金2級を取得、さかのぼりで約416万円を受給できたケース

相談者 男性(20代/会社員) 傷病名:広汎性発達障害、強迫性障害 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級(年間約78万円受給) 相談時の相談者様の状況 就労移行支援施設にて開催した勉強会に参加いただいた後、ご相談にお越しいただきました。 幼少期より対人関係が苦手で、周囲から孤立しがちでした。 大学入学前後より独語が出現。 思ったことをつい口に出してしまい、ますます周囲から距離を置かれてしまいま 続きを読む >>

 >> 広汎性発達障害、精神発達遅滞で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者 男性(20代/無職) 傷病名:広汎性発達障害、精神発達遅滞 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 支給月から更新月までの支給総額: 約78万円 相談時の相談者様の状況 乳児期に重度のアレルギーが見付かり、家族は食事や衣類などに細心の注意を払って生活していました。 その後、歩行や発語など様々な発達の遅れが見られましたが、保健師からは「様子を見ましょう」というアドバイスを受けるに留まりまし 続きを読む >>

 >> 広汎性発達障害・知的障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者 女性(20代/無職) 傷病名:広汎性発達障害・知的障害 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級   相談時の相談者様の状況 お母様から電話でご相談いただきました。 娘さんは小学生の時に生活面の問題や学業面で遅れが見られたため病院を受診したところ、発達障害の疑いがあると診断されたそうです。 医師からは環境を整えるよう指示され、薬の処方もなかったそうです。 20歳を迎えるにあたって障害年金の 続きを読む >>

 >> 精神遅滞・自閉症・注意欠陥障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者 男性(20代/会社員) 傷病名:精神遅滞・自閉症・注意欠陥障害 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 相談時の相談者様の状況 お母様から息子さんについてお電話でご相談いただき、後日無料相談会へご参加いただきました。 息子さんは幼少期に軽度知的障害があることがわかり、療育手帳を取得しておられました。 治療をしても治るものではありませんし、一度も病院には行っておられませんでした。 小学校以 続きを読む >>

 >> 多動を伴わない注意欠陥障害で障害厚生年金3級を取得、年間約58万円を受給できたケース

相談者 男性(30代/無職) 傷病名:多動を伴わない注意欠陥障害 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 相談時の相談者様の状況 発達障害と診断された30代男性からご相談いただきました。 ご自身で手続きを進めようと年金事務所に通われ、初診の証明書である受診状況等証明書の取得をされておりました。 お一人で面談にお越しいただいたのですが、一見普通に受け答えができているように感じるものの、じっくりお 続きを読む >>

<< 前の記事を見る