MENU

身体障害

 >> 脳出血(左被殻)で障害厚生年金1級を取得、年間約160万円を受給できたケース

相談者 男性(40代/無職) 傷病名:脳出血(左被殻) 決定した年金種類と等級:障害厚生年金1級 相談時の相談者様の状況 ご相談者様はお仕事中に脳出血で倒れられ、右半身麻痺、高次脳機能障害、構音障害の後遺症が残ってしまいました。 発症後リハビリを行いましたが、主治医からは症状固定であると判断されました。 日常生活には家族の援助が必要不可欠で、就労はとても困難な状態のため障害年金の受給 続きを読む >>

 >> 脳出血で障害厚生年金2級を取得、年間約167万円を受給できたケース

相談者 男性(50代/会社員) 傷病名:脳出血 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 相談時の相談者様の状況 会社で倒れて救急搬送され、検査の結果、脳出血と診断されました。懸命にリハビリを続けましたが、左上下肢に麻痺が残りました。 仕事に復帰できるかも分からず、経済的な不安を抱えていました。 相談から請求までのサポート 書類の作成は全て当センターが行いました。年金事務所に障害年 続きを読む >>

 >> 脳出血で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者 男性(40代/自営業) 傷病名:脳出血 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 相談時の相談者様の状況 自宅で脳出血を発症し、救急搬送されました。 リハビリテーションを行いましたが、半身マヒが残りました。自営業で美容室を幾つか経営されていましたが、ご自身でお客様を担当することが出来なくなり、店舗を減らさなければならないご状況でした。 相談から請求までのサポート 日常生活の 続きを読む >>

 >> 双極性障害・障害認定日請求で障害基礎年金2級を取得。卵巣がんに対する化学療法による末梢神経障害・事後重症請求で障害基礎年金1級を取得、年間約97万円を受給できたケース

相談者 女性(40代/無職) 傷病名:卵巣がんに対する化学療法による末梢神経障害、双極性障害 決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級 相談時の相談者様の状況 卵巣がんの抗がん剤治療で末梢神経障害を患い、歩行や日常生活にも支障をきたしていました。 がんに対する不安から精神的なダメージも大きく、双極性障害の診断も受けていました。 相談から請求までのサポート  2つの病気で同時に障害年 続きを読む >>

 >> 脳出血で障害基礎年金1級を取得、年間約98万円を受給できたケース

相談者 男性(50代/無職) 傷病名:脳出血 決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級 相談時の相談者様の状況 同居している母親の声掛けに反応せず、救急車で搬送。重度の障害が残り、介護が必要な状態となりました。 そのため、弟さんが代わりに相談に来られました。 相談から請求までのサポート 脳血管障害による障害認定日の特例でのお手続きを行うことにしました。 そのため、医師に診断書の注 続きを読む >>

 >> 脳出血で障害基礎年金1級を取得、年間約98万円を受給できたケース

相談者 女性(50代/無職) 傷病名:脳出血 決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級 相談時の相談者様の状況 旦那様よりお電話があり、無料相談にお越しいただきました。 この方は左右2回の脳出血を経験されており、肢体麻痺も左右共に残存している状態でした。現在は車椅子もままならず特別養護老人ホームで生活しています。 ご本人様と面談でお会いすることができなかったので、日常生活や病歴につい 続きを読む >>

 >> 右被殻出血で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者 女性(50代/無職) 傷病名:右被殻出血 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 相談時の相談者様の状況 お電話にてお問い合わせいただき、後日ご夫婦で無料相談にお越しいただきました。 この方は脳出血で倒れた後リハビリを終えてもなお左半身の麻痺が残りました。 現在常に下肢補装具をつけ、歩行にも杖の仕様が必須の状態です。 日常生活の中で様々な支障があり家族の援助無しでは生活で 続きを読む >>

 >> うつ病・関節リウマチで障害基礎年金1級を取得、年間で約97万円を受給できたケース

相談者 女性(40代/無職) 傷病名:うつ病、関節リウマチ 決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級 相談時の相談者様の状況 長く看病、介護をしていた祖母の死去により不眠、食欲不振と言った症状が現れるようなりました。 精神科を受診しカウンセリングと投薬をうけますが症状は悪化し仕事を辞めざるを得なくなりました。 その後関節リウマチも発症し、歩行ができない、関節の痛みなどに悩まされるよう 続きを読む >>

 >> パーキンソン病で障害厚生年金3級を取得、年間約93万円を受給できたケース

相談者 男性(50代/自営業) 傷病名:パーキンソン病 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 相談時の相談者様の状況 仕事の忙しさからストレスがたまると手が震え、動きが鈍いと感じることがありました。 カイロプラテックで施術を受けましたが症状が変わらず、足を引きずって歩くほどになってしまったため医療機関を受診しました。 診察の結果、パーキンソン病と診断されました。 続きを読む >>

 >> 脳梗塞で障害基礎年金1級を取得、年間約97万円を受給できたケース

相談者 女性(40代/無職) 傷病名:脳梗塞 決定した年金種類と等級:障害基礎年金 1級 相談時の相談者様の状況 相談者様は小学生の頃、体育の授業中の怪我が原因で脳梗塞を発症しました。 左半身に麻痺が残ったため10代のうちに障害者手帳を取得し、長年、障害者雇用でお仕事をされていました。 その後雇い止めとなり、再就職が捗らないことから就労支援施設の通所を開始されました。 そちらの施設 続きを読む >>

<< 前の記事を見る