MENU

厚生年金

 >> 双極性感情障害で障害厚生年金2級を取得、年間約165万円を受給できたケース

相談者 男性(40代/会社員(休職中)) 傷病名:双極性感情障害 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 相談時の相談者様の状況 営業職として就労していましたが、上司からのパワハラや長時間の残業によりストレスを抱えていました。 次第に意欲低下や食欲不振といった症状が出現したため、医療機関を受診。 以来10年ほど通院を継続していますが、症状は一進一退で、何度も休職・復職を繰り返してき 続きを読む >>

 >> 脳出血(左被殻)で障害厚生年金1級を取得、年間約160万円を受給できたケース

相談者 男性(40代/無職) 傷病名:脳出血(左被殻) 決定した年金種類と等級:障害厚生年金1級 相談時の相談者様の状況 ご相談者様はお仕事中に脳出血で倒れられ、右半身麻痺、高次脳機能障害、構音障害の後遺症が残ってしまいました。 発症後リハビリを行いましたが、主治医からは症状固定であると判断されました。 日常生活には家族の援助が必要不可欠で、就労はとても困難な状態のため障害年金の受給 続きを読む >>

 >> うつ病で障害厚生年金2級を取得、年間約150万円を受給できたケース

相談者 女性(40代/無職) 傷病名:うつ病 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 相談時の相談者様の状況 ご相談者様は勤務先の過重労働により抑うつ状態、希死念慮などの症状が現れました。 家族の勧めで精神科を受診したところ、うつ病の診断を受け治療を継続していましたが、病状は悪化する一方で、次第に摂食障害の症状も現れました。 体重減少が著しく生命の危険も生じたため入院加療が必要とな 続きを読む >>

 >> 脳幹部海綿状血管腫、小脳性失調症で障害厚生年金3級を取得、年間約58万円を受給できたケース

相談者 男性(40代/会社員) 傷病名:脳幹部海綿状血管腫、小脳性失調症 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 相談時の相談者様の状況 身体の脱力感、ふらつき、視点が合わないといった症状があり病院を受診しました。 診察の結果、海綿状血管腫による症状と判明。 小脳性失調症の診断も合わせて受け、しびれや麻痺も発症しました。 症状は悪化しており、杖を使用しながらの歩行や嚥下・そしゃく 続きを読む >>

 >> 特定不能の認知症で障害厚生年金2級を取得、年間約110万円を受給できたケース

相談者 男性(20代/無職) 傷病名:特定不能の認知症 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 相談時の相談者様の状況 幼少時から忘れ物が多く、応用力がないため同じことしかできませんでした。 大学卒業後介護職につきますが、指示内容を覚えられずミスが続き、交通事故を頻繁に起こしても記憶がないなどの症状が現れます。 検査の結果異常は認められませんでしたが、人の顔や降りる駅がわからない、 続きを読む >>

 >> 双極性感情障害で障害厚生年金2級を取得、年間約109万円を受給できたケース

相談者 女性(20代/無職) 傷病名:双極性感情障害 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 相談時の相談者様の状況 躁状態の時に作ってしまった借金で金銭に余裕が無いことや病気が長引いて思うように働けず困っていました。 お母様の勧めで障害年金申請を検討されていました。 19歳の時に初めて病院を受診しました。 その時に厚生年金に加入して仕事をしていたため厚生年金で手続きをしました。 続きを読む >>

 >> 周期性四肢麻痺で障害厚生年金3級を取得、年間約58万円を受給できたケース

相談者 男性(30代/派遣社員) 傷病名:周期性四肢麻痺 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 相談時の相談者様の状況 周期性四肢麻痺は難病で、発作が起こると体が全く動かせないため就労が不安定となっていました。 現場で設計の仕事をしていましたが、出勤前に発作が起こり仕事に行けない、職場からは現場で発作が起きてケガをされては困ると言われ部署を異動されてしまう等、困っていました。 続きを読む >>

 >> 脳出血で障害厚生年金2級を取得、年間約167万円を受給できたケース

相談者 男性(50代/会社員) 傷病名:脳出血 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 相談時の相談者様の状況 会社で倒れて救急搬送され、検査の結果、脳出血と診断されました。懸命にリハビリを続けましたが、左上下肢に麻痺が残りました。 仕事に復帰できるかも分からず、経済的な不安を抱えていました。 相談から請求までのサポート 書類の作成は全て当センターが行いました。年金事務所に障害年 続きを読む >>

 >> 双極性感情障害で障害厚生年金2級を取得、年間約109万円を受給できたケース

相談者 女性(20代/無職) 傷病名:双極性感情障害 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級相談時の相談者様の状況 躁状態の時に作ってしまった借金で金銭に余裕が無いことや病気が長引いて思うように働けず困っていました。 お母様の勧めで障害年金申請を検討されていました。 19歳の時に初めて病院を受診しました。その時に厚生年金に加入して仕事をしていたため厚生年金で手続きをしました。 相談 続きを読む >>

 >> 反復性うつ病性障害で障害厚生年金2級を取得、年間約182万円を受給できたケース

相談者 男性(40代/会社員) 傷病名:反復性うつ病性障害 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 相談時の相談者様の状況 仕事で昇格したことをきっかけにうつ病を発症しました。 休職後、復職をする予定でしたが、朝起きて会社に行く身支度を整えていると強い不安、吐き気等の症状が起きて出勤できない日が何日も続きました。 休職が長引き、無給になる不安から障害年金のご相談に来所されました。 続きを読む >>

<< 前の記事を見る