社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

厚生年金

 >> うつ病で障害厚生年金2級を取得、年間約125万円を受給できたケース

相談者 女性(50代/障害者雇用) 傷病名:うつ病 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 (年間約125万円受給) 相談時の相談者様の状況 就労移行支援事業所の支援員様から当センターをご紹介頂き、柏相談会にお越しいただきました。 長年経理の仕事をしていましたが、業務量の多さや対人関係のストレスからうつ病を発症しました。 現在は障害者雇用で働いていますが、収入面の不安がありました。 続きを読む >>

 >> 反復性うつ病で障害厚生年金2級を取得、年間約173万円を受給できたケース

相談者 男性(40代/無職) 傷病名:反復性うつ病 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級   相談時の相談者様の状況 会社とのトラブルを機にうつ病を発症しました。 ご本人様はとても口数が少なく、面談で色々と話をしてくださったのは奥様でした。 伺った初診日から1年程しか経過していなかったため、障害認定日まで待ってから手続きを開始することになりました。 相談から請求までのサポート 続きを読む >>

 >> うつ病で障害厚生年金2級を取得、さかのぼりで約700万円を受給できたケース

相談者 女性(50代/無職) 傷病名:うつ病 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 (年間約135万円受給) 相談時の相談者様の状況 お電話にて問い合わせをいただいたのち、無料相談にお越しいただきました。 10年以上前からうつ病を患っていますが、長年の治療にも関わらず病状は一進一退の状態が続いています。 現在は自宅療養中ですが、家事もままならず夫のサポートが必要不可欠です。 初 続きを読む >>

 >> うつ病で障害厚生年金3級を取得、年間約58万円を受給できたケース

相談者 男性(30代/会社員) 傷病名:うつ病 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 (年間約58万円受給) 相談時の相談者様の状況 ご相談者様は離婚調停が難航したストレスが原因でうつ病を発症しました。 その後、養育費の支払いがプレッシャーとなり病状が悪化、休職しました。 休職期間満了後も体調は改善しませんでしたが、経済的理由により無理やり復職しました。 復職後も体調不良で遅刻 続きを読む >>

 >> 統合失調症で障害厚生年金2級を取得し、年間約130万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご相談者様は20代の頃から職場の同僚の雑談が自分に対する悪口に聞こえるようになりました。 次第に被害妄想や独り言、奇声、暴力などの症状が顕著になり、心配した両親に連れられ病院を受診したところ、即日入院となりました。 その後、病状は軽快し、職場復帰を果たすまでになりました。 幸いにも職場は病気に対する理解や受け入れ体制が整った大手企業だったため、復職後は心身に負担の少 続きを読む >>

 >> 頸椎後縦靭帯骨化症、頸髄損傷で障害厚生年金2級を取得、年間約114万円を受給できたケース

相談者 男性(50代/無職) 傷病名:頸椎後縦靭帯骨化症、頸髄損傷 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 (年間約114万円受給) 相談時の相談者様の状況 手足のしびれやめまいなどの症状が現れ、医療機関を受診。 当初は脳梗塞だと告げられましたが、精査の結果後縦靭帯骨化症と判明しました。 痺れや筋力低下の症状は一向に改善せず、頸椎の手術を受けた後も症状は残りました。 このため会社 続きを読む >>

 >> 大動脈弁閉鎖不全症で障害厚生年金3級を取得、年間約74万円を受給できたケース

相談者 男性(40代/無職) 傷病名:大動脈弁閉鎖不全症 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 (年間約74万円受給) 相談時の相談者様の状況 風邪だと思ってかかった病院で心臓病の疑いがあるとのことで紹介状をもらい転院したところ、心内膜炎も起こしており、数日後に置換手術となったそうです。 人工弁を挿入している場合は障害年金3級に該当することを知り、相談にいらっしゃいました。 相談 続きを読む >>

 >> 気分変調症で障害厚生年金3級を取得、年間約59万円を受給できたケース

相談者 男性(30代/障害者雇用) 傷病名:気分変調症 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 (年間約59万円受給) 相談時の相談者様の状況 2級を取得するために社会保険労務士に依頼するというお考えでご相談にいらっしゃいました。 特定の等級を狙って手続きを行うものではなく、あくまでもご病状を反映した診断書の内容によって等級が決まることをご説明し、ご納得の上ご契約いただきました。 続きを読む >>

 >> 人工関節(変形性膝関節症)で障害厚生年金3級を取得、年間約58万円を受給できたケース

相談者 女性(50代/会社員) 傷病名:左人工膝関節置換(変形性膝関節症) 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 (年間約58万円受給) 相談時の相談者様の状況 膝に人工関節を入れる手術を受けたということでご本人様からご相談のメールを頂きました。 通常、障害年金は初診日から1年6ヶ月後を経過してからでないと手続きができませんが、人工関節や心臓ペースメーカーなどの人工物を体内に移植し 続きを読む >>

 >> うつ病で障害厚生年金2級を取得、年間129約万円を受給できたケース

相談者 女性(50代/無職) 傷病名:うつ病 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 (年間約129万円受給) 相談時の相談者様の状況 以前障害年金の手続きを代行した息子さんから連絡があり、お母様も体調を崩していて仕事が続けられなくなりそうだとのご相談を受けました。 ご本人は相談に来られる状態ではなかったので、息子さんからお話を伺いました。 相談から請求までのサポート 診断書がで 続きを読む >>

<< 前の記事を見る