MENU

休職

 >> 反復性うつ病性障害で障害厚生年金2級を取得、年間約182万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 仕事で昇格したことをきっかけにうつ病を発症しました。 休職後、復職をする予定でしたが、朝起きて会社に行く身支度を整えていると強い不安、吐き気等の症状が起きて出勤できない日が何日も続きました。 休職が長引き、無給になる不安から障害年金のご相談に来所されました。 相談から請求までのサポート 初診日の証明を取得するために病院に行き、受け取りの当方で行いました。 診断書 続きを読む >>

 >> 結節性多発動脈炎で障害共済年金3級を取得、年間約67万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご相談者様は約5年前に難病の結節性多発動脈炎を発症し、入院加療のため休職と復職を繰り返していらっしゃいました。 結節性多発動脈炎は全身に様々な症状が現れるため、その都度、手術やステロイドの処方量を調整して治療を継続していますが、体力低下が著しく退職も検討されているということでご相談にいらっしゃいました。 相談から請求までのサポート  結節性多発動脈炎に限らず、難病の 続きを読む >>

 >> 結節硬化型古典的ホジキンリンパ腫で障害厚生年金3級を取得、年間約58万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご相談者様は在職中、右脚の付け根が腫れ出しました。 次第にコブ状に大きくなり立ち仕事や歩行に影響が出始めたため、自宅近くの総合病院の皮膚科を受診しました。 精査の結果、悪性リンパ腫の疑いが指摘され、大学病院に紹介転院し抗癌剤治療を開始しました。 一時、病状は安定していましたが1年半経過後に再発と転移を認め再度抗癌剤治療を実施することになりました。 その後、自家末梢 続きを読む >>

 >> うつ病エピソードで障害厚生年金2級を取得、年間約100万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご相談者様は東北に在住で東日本大震災を機に不眠や抑うつ症状に悩まされるようになり、心療内科を受診しました。 また、長年、店舗管理の仕事で多忙な日々を送っていましたが、新店舗出店の準備等で転勤になり、休日出勤や長時間の残業が常態化しました。 人間関係のストレスも重なり、うつ病が悪化しました。 当初、勤務をしながら通院を継続していましたが、就労不能となり休職を繰り返すよ 続きを読む >>

 >> うつ病、適応障害で障害基礎年金2級を取得、年間約100万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 仕事も休職するほど体調が優れず、ご自身での手続きは難しいと判断されご相談に来所されました。 また、ご主人様と離婚調停中であったため障害年金を受給した場合のデメリットについてもご質問がありました。 相談から請求までのサポート 診断書をご作成頂く医師から、病歴就労状況等申立書を求められたため早急に作成し、診断書の白紙と合わせてお渡ししました。 病歴就労状況等申立書の内 続きを読む >>

 >> うつ病で障害厚生年金2級を取得、年間約167万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご本人からメールをいただき後日面談にお越しいただきました。 約4年前から仕事のストレスが原因で、抑うつや思考制止の症状があらわれたそうです。 仕事に支障がでるようになったため職場近くの精神科を受診したところうつ病と診断されました。 現在まで休職と復職を頻繁に繰り返しながらも何とか会社に在籍しておられるのですが、収入がない状態が続いているため、貯金を切り崩しながら暮ら 続きを読む >>

 >> うつ病で障害厚生年金2級を取得、年間約154万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 メールでご相談いただき、後日無料相談にお越しいただきました。 5年ほど前に仕事の重圧から体調を崩され、休職復職を繰り返しながらなんとかお仕事を続けていましたが、仕事と治療の継続が困難となりやむを得ず退職。現在は療養に専念しておられます。 昨年、障害年金の手続きをしようとご自身で書類の依頼等をすすめておりましたが、 煩雑な手続きのため、途中で断念したそうです。 相談 続きを読む >>

 >> 双極性障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

 相談時の相談者様の状況 職場での昇進、持病の手術、介護などをきっかけに頭痛、耳鳴り、抑うつ状態の症状が現れ、仕事に支障をきたすようになったため医療機関を受診しました。 診察の結果、うつ病と診断され、投薬と定期的な通院で経過観察をしていましたが、症状は改善しませんでした。 その後、通院も困難なほど症状が悪化、希死念慮が強く錯乱状態となったため、入院されました。 その後も入退院を繰り返し、仕 続きを読む >>

 >> うつ病で障害厚生年金2級を取得、年間約230万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 過重労働と職場での人間関係のストレスから疲労感、不眠、食欲不振といった症状が現れました。 しばらく様子を見てみましたが症状が改善しないため、精神科を受診しました。 うつ病と診断され、投薬治療を行いましたが症状が治まらず、会社を休職されます。 その後、復職しましたが落ち込みや不安などの症状が悪化し、再度精神科を受診したところ双極性障害と診断されました。 現在は再び休 続きを読む >>

 >> うつ病(反復性うつ病)性障害で障害厚生年金2級を取得、年間約154万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 勤務先の人間関係や仕事内容にストレスを感じ不眠・不安などの症状が出るようになりました。 受診の結果、自律神経失調症との診断を受けます。 その後休職をしましたが症状はなかなか改善せず退職をされました。 現在は実家に戻られ、ご家族の援助のもと生活を送られています。   相談から請求までのサポート 初診の病院は20年以上前であったことに加え、夜間の外来であったためカ 続きを読む >>

<< 前の記事を見る