MENU

身体障害・その他

 >> 右手掌・手背デグロービング損傷・右母指・示指・中指・小指切断で障害厚生2級を取得、年間約218万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご本人よりお電話をいただき、後日面談にお越しいただきました。 相談者様は1年程前に交通事故で右手指を切断されました。 ご自身で手続きをしたところ、3級の決定を受け、審査請求(不服申立)の手続きが出来ないかと相談にお越しいただきました。 相談から請求までのサポート ご本人が提出された診断書ほか書類一式を年金事務所から取り寄せするところから始めました。 診断書を確認 続きを読む >>

 >> 右大腿骨顆上開放骨折、右上腕遠位粉砕骨折、右撓骨神経麻痺、右尺骨骨折、右脛骨近位端骨折で障害厚生年金3級を取得、年間約58万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 通勤中に事故に遭い、後遺症が残りました。 歩行もままならず、面談に来所できないため郵便・お電話でのやり取りで障害年金手続きをご依頼いただきました。   相談から請求までのサポート 面談時に事故当時から現在までの状況を詳しくヒアリングさせていただき、参考資料とともに診断書の依頼をさせていただきました。 病歴就労状況等申立書には診断書だけではあらわせない日常生活の不 続きを読む >>

 >> 両変形性股関節症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご相談者様は両股関節機能全廃で常時、車椅子を利用されていました。 フルタイムでお仕事をされており、ご自身で申請書類を準備される時間的な余裕が無いということでご相談を頂きました。 千葉の事務所にご来所頂く負担を軽減するため、当センターの職員がご希望の場所まで出向いて初回無料相談を行いました。 相談から請求までのサポート 変形性骨関節症は変形自体が先天性であっても違和 続きを読む >>

 >> パーキンソン病で障害厚生年金3級を取得、年間約93万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 仕事の忙しさからストレスがたまると手が震え、動きが鈍いと感じることがありました。 カイロプラテックで施術を受けましたが症状が変わらず、足を引きずって歩くほどになってしまったため医療機関を受診しました。 診察の結果、パーキンソン病と診断されました。 外来通院と薬の処方を受けながら経過観察をしていましたが、言葉が出づらい、頭重感などの症状も現れ、仕事と治療の両立が難しく 続きを読む >>

 >> パーキンソン病で障害基礎年金2級を取得、年間約100万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご本人様から障害年金とはどのような制度なのかとご質問のお電話を最初にいただきました。 お電話で詳細をお話したのち、当センターにご来所頂くことになりました。 しかし、ご体調が安定せず、予約時間にはご来所出来ませんでしたが数時間後、症状である震えが収まったタイミングを見計らいご来所頂きました。 ご本人様は手続きを大変迷われていました。 理由は過去に年金事務所で「障害年 続きを読む >>

 >> 両股関節唇損傷・両変形性股関節症で障害厚生2級を取得、年間約183万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご本人からメールでご相談いただき、後日に無料相談会へお越しいただきました。 転倒がきっかけで強い痛みを感じ受診したところ股関節唇損傷と診断されたそうです。 2度の手術を受けられましたが症状は改善されず、面談時も杖を使用しなければ歩行できない状態でした。 相談から請求までのサポート 実態に則した診断書をお書きいただけるよう、ヒアリングをもとに参考資料を作成し、医師に 続きを読む >>

 >> 右上肢体幹機能障害で障害厚生年金3級を取得、年間約58万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 交通事故で右肩を打ち、その後可能したため筋肉を4分の3切除しました。 このため右上肢の機能が低下。 リハビリを続けていますが、介護職から事務の仕事に転職を余儀なくされました。 もともと右利きでしたが、手がむくみペンを持てない時があるのでゆっくり作業しています。 左手のみでパソコン操作はできますが、左手にかかる負担が大きい状態です。 相談から請求までのサポート 続きを読む >>

 >> 左大腿骨骨折後偽関節・変形性膝関節症で障害基礎年金2級を取得、総額約784万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 自宅で転倒後、次第に痛みが強くなってきたため受診しました。 検査の結果、左大腿骨骨折と判明、手術を受けます。 退院後は定期的な通院とリハビリを受けましたが左股関節・左膝関節が曲がらず、歩行困難な状態が続きました。 就寝時以外は装具と両松葉杖が必須となり、仕事を退職。 現在は現状維持を目標にリハビリを実施していますが、左下肢機能全般が徐々に悪化しており日常生活全般に 続きを読む >>

 >> 気管支喘息で障害厚生年金3級を取得、年間約58万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 以前からアレルギー鼻炎がありましたが、日常生活に支障をきたすことはありませんでした。 風邪をきっかけに呼吸が苦しくなるといった喘息の症状が現れたため、受診。 気管支喘息と診断され、投薬治療後に一度は症状が落ち着きました。 しかし再度風邪を引いたことから再び喘息発作が現れ、定期的に通院し喘息の発作が起きないよう薬で調整するようになります。 気温差が原因の咳き込みやア 続きを読む >>

 >> 頚髄症で障害厚生年金2級を取得、年間約248万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 柔道部の練習中に生徒と一緒に倒れ、右腰部を打撲。 痛みが引かず悪化したため受診しました。その後、一過性の意識消失で転倒し、頸部痛が現れました。 腰からくる神経痛と思い病院を転々とするも症状が改善しません。 痛みが続き歩行困難な状況となったため、再度レントゲン、MRIを撮影したところ、椎間板ヘルニアによる高度な脊柱管狭窄ありと診断されました。 放置すると半身不随にな 続きを読む >>

<< 前の記事を見る