MENU

遡及(さかのぼり)

 >> 統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご相談者様は17年前、資格試験の勉強に励む中、突然、幻聴の症状が現れました。 幻聴は鳴り止まず、不眠症状から試験勉強に支障をきたすようになりました。 次第に希死念慮が現れたため病院を受診し、統合失調症と診断されました。 10年以上通院を継続しましたが、症状は改善せず幻覚の症状も現れました。 治療の効果が現れないことから受診への意欲が低下し、自己判断で通院を中止しま 続きを読む >>

 >> 結節性多発動脈炎で障害共済年金3級を取得、年間約67万円を受給できたケース

相談者 男性(40代/休職中) 傷病名:結節性多発動脈炎 決定した年金種類と等級:障害共済年金3級 相談時の相談者様の状況 ご相談者様は約5年前に難病の結節性多発動脈炎を発症し、入院加療のため休職と復職を繰り返していらっしゃいました。 結節性多発動脈炎は全身に様々な症状が現れるため、その都度、手術やステロイドの処方量を調整して治療を継続していますが、体力低下が著しく退職も検討されている 続きを読む >>

 >> 双極性感情障害で障害厚生2級を取得、年間約157万円を受給できたケース

相談者 男性(40代/無職) 傷病名:双極性感情障害 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 相談時の相談者様の状況 お電話で相談いただき、後日無料相談にお越しいただきました。 この方は今から20年前に職場での人間関係のストレスや連日の残業で疲労困憊の状況が続いていたそうです。 体調の異変を感じ心療内科を受診したところ、うつ病と診断されました。 その後やむを得ず退職。 経済的な 続きを読む >>

 >> 1型糖尿病で障害厚生年金3級を取得、年間約65万円を受給できたケース

相談者 男性(50代/会社員) 傷病名:1型糖尿病 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 相談時の相談者様の状況 就寝中、頻繁にトイレに行ったり、口が渇くなどの症状が出現、専門医を受診しました。 検査をしたところ血糖値が高く、即時入院。Ⅰ型糖尿病と診断されました。 現在はインスリン注射を行いながら会社勤めをされていますが、血糖値のコントロールも難しく、低血糖に気を使いながら生活を 続きを読む >>

 >> 双極性障害・障害認定日請求で障害基礎年金2級を取得。卵巣がんに対する化学療法による末梢神経障害・事後重症請求で障害基礎年金1級を取得、年間約97万円を受給できたケース

相談者 女性(40代/無職) 傷病名:卵巣がんに対する化学療法による末梢神経障害、双極性障害 決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級 相談時の相談者様の状況 卵巣がんの抗がん剤治療で末梢神経障害を患い、歩行や日常生活にも支障をきたしていました。 がんに対する不安から精神的なダメージも大きく、双極性障害の診断も受けていました。 相談から請求までのサポート  2つの病気で同時に障害年 続きを読む >>

 >> 関節リウマチで障害厚生年金2級を取得、さかのぼりで約750万円を受給できたケース

相談者 女性(60代/無職) 傷病名:関節リウマチ 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 相談時の相談者様の状況 教師として就労中、手足の強張り、関節の痛みなどの症状が出現。 病院にかかったところ、関節リウマチと判明しました。 通院を継続しましたが、両手両足の痛みや強張りは改善せず、仕事でも配置換えを行い配慮された環境下でなんとか就労を続けていました。 定年退職後、痛みにより再 続きを読む >>

 >> 審査請求(不服申立て)でうつ病で障害礎年金2級を取得、4年間の遡りが認められたケース

相談者 男性(20代/無職) 傷病名:うつ病 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 相談時の相談者様の状況 ご相談者様は長年うつ病を患い就労不能の状態であったため、ご自身で障害年金のお手続きをされました。 事後重症分については2級が認められましたが、初診日から1年6ヶ月認定日については程度不該当で不支給となりました。 審査請求(不服申立て)を希望されて当センターにご相談にいらっし 続きを読む >>

 >> 人工透析(慢性腎不全)で障害基礎年金2級を取得、さかのぼりで200万円を受給できたケース

相談者 男性(50代/自営業) 傷病名:人工透析(慢性腎不全) 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級(年間78万円) 相談時の相談者様の状況 ご本人よりお電話をいただきました。 ご自身で手続きを進めようと、市役所で書類一式を受け取っておりました。 書類の多さに困惑したことと、初診の病院が廃院していることから、不安になり無料相談にお越しいただきました。 相談から請求までのサポート 続きを読む >>

 >> 人工弁(大動脈弁・僧帽弁置換術後)で障害厚生3級を取得、年間約63万円を受給できたケース

相談者 男性(50代/会社員) 傷病名:大動脈弁・僧帽弁置換術後 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級(年間約63万円) 相談時の相談者様の状況 感染性心内膜炎から人工弁置換術を受けました。 この方は術後の経過が良好で、問題なく職場復帰もされていましたが、人工弁置換により障害年金を受給できることを知り、ご相談いただきました。 相談から請求までのサポート 人工弁置換術を受けた方は 続きを読む >>

 >> うつ病で障害厚生年金2級を取得、さかのぼりで約129万円を受給できたケース

相談者 男性(40代/無職) 傷病名:うつ病 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級(年間約129万円) 相談時の相談者様の状況 先天性の周期性四肢麻痺があり、運動をすると症状が出るので家の中で静かに暮らしている、障害年金の請求はできるでしょうかとお姉さまよりご相談のお電話をいただきました。 お話を伺うと、うつ病も発症しており、生活に大きな支障を来しているとのことでした。   相 続きを読む >>

<< 前の記事を見る