MENU

国民年金

 >> 双極性障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 就労移行支援事業所に通所中に当センターの勉強会にご参加いただき、後日個別の無料相談に来所いただきました。 病院を転々としており、ご自身で書類を纏めて障害年金の請求をすることは困難であるとお話しされていました。 相談から請求までのサポート 障害認定日請求を行いました。 現症の診断書依頼、障害認定日の診断書依頼の際に日常生活状況をまとめた資料を作成して医師にお渡ししま 続きを読む >>

 >> 反復性うつ病性障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 2年前に当センターに無料相談にお越しいただきましたが、その後ご連絡がありませんでした。 2年ぶりにご連絡があり、当初はご自身で障害年金の申請を行おうと思ったが手続きが進まず、申請しないまま時間が過ぎたそうです。 当センターでご契約頂き、年金の申請をサポートすることになりました。 相談から請求までのサポート ご担当医様に診断書をすぐに書いて頂けたため、ご契約日から約 続きを読む >>

 >> 統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 就労移行支援事業所に訪問させていただき、個別相談会を開催しました。その際に、支援員の方と一緒にご相談頂きました。 障害者雇用での就労を目指していましたが、給料が少なく将来に不安を抱えていました。 相談から請求までのサポート  初診日から10年以上が経過しており、初診日を証明することにとても苦労しました。 病院には初診日当時の記録は残っていませんでしたが、ご本人様が 続きを読む >>

 >> 統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 お電話で相談いただき、後日ご家族と一緒に無料相談にお越しいただきました。 ご家族のご友人から障害年金の話を聞いて市役所に相談に行き、納付要件の確認をした上で必要書類の受け取りまでされておりました。 申請の流れや書類の名前等、内容がうまく理解できなかったとのことでした。 相談から請求までのサポート  初診日から現在まで同じ病院の同じ医師の診察を受けられておりましたの 続きを読む >>

 >> 統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 高校生頃より他人の目線が気になったり、周囲に噂されていると感じることが増え医療機関を受診されました。 それ以降現在まで長年に渡り治療を継続していますが、明らかな改善は見られず、家族に迷惑をかけていることを心苦しく感じています。 障害年金を受給することで少しでも経済的負担を軽減できればと、ご相談にお越しいただきました。 相談から請求までのサポート 発病が20歳前であ 続きを読む >>

 >> 審査請求(不服申立て)でうつ病で障害礎年金2級を取得、4年間の遡りが認められたケース

相談時の相談者様の状況 ご相談者様は長年うつ病を患い就労不能の状態であったため、ご自身で障害年金のお手続きをされました。 事後重症分については2級が認められましたが、初診日から1年6ヶ月認定日については程度不該当で不支給となりました。 審査請求(不服申立て)を希望されて当センターにご相談にいらっしゃいました。 相談から請求までのサポート ご相談者様が提出した診断書の内容を精査したところ、 続きを読む >>

 >> うつ病(反復性うつ病)で障害基礎年金2級を取得、年間約100万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 市役所で障害年金の相談をしたところ、納付要件を満たして手続きできることが判明。 しかしご病状により頻繁には外出できず、病院や市役所への往復も困難なため、お1人での手続きは困難と判断され相談いただきました。 小学生のお子さんと一緒に住んでいらっしゃいますが、寝込んでしまうことも多く、お子さんに家事を手伝ってもらったり、近所の方からも援助を受けるなど生活に支障をきたしてい 続きを読む >>

 >> 人工透析(慢性腎不全)で障害基礎年金2級を取得、さかのぼりで200万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご本人よりお電話をいただきました。 ご自身で手続きを進めようと、市役所で書類一式を受け取っておりました。 書類の多さに困惑したことと、初診の病院が廃院していることから、不安になり無料相談にお越しいただきました。 相談から請求までのサポート  慢性腎不全で手続きをする場合、糸球体腎炎が認められた場合は相当因果関係ありとして糸球体腎炎について診療を受けた日が初診日とし 続きを読む >>

 >> 人工血管(急性動脈解離StanfordA)で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 急性動脈解離StanfordAにより、人工血管を入れました。手術後もなお病状は回復せず、医師からは絶対安静を指示され、就労はドクターストップがかかりました。 今後も動脈瘤に対する手術も控えており、病状は非常不安定でした。 障害年金の認定基準に大動脈疾患で人工血管に関する認定基準がありますが、厚生年金3級に対するものであり、障害基礎年金での手続きでは該当しない可能性があ 続きを読む >>

 >> 右室性単心室症、フォンタン術後、慢性心不全で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 当初はご自身で手続きを進めていましたが、初診日について悩まれ相談にお越しいただきました。 この方は先天性の単心室症により5歳で手術を行い、その後経過観察を続けていました。 しかし日常生活にそこまでの支障はなかったため、途中で通院を中断。 その後厚生年金加入中に不整脈により失神し、救急搬送されました。 現在も通院を継続していますが、症状により就労ができず経済的な不安 続きを読む >>

<< 前の記事を見る