MENU

国民年金

 >> 人工透析(慢性腎不全)で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者 女性(60代/パート) 傷病名:慢性腎不全 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 相談時の相談者様の状況 以前こちらでお手続きさせていただいた方からの紹介で、相談にお越しいただきました。 健康診断で指摘を受けて以後定期的に通院していましたが、次第に腎機能が低下し2年前より人工透析を受けています。 相談から請求までのサポート 年金制度は1人1年金が原則となっており、複数の 続きを読む >>

 >> うつ病で障害基礎年金2級を取得、年間約100万円を受給できたケース

相談者 女性(40代/就労支援事業所) 傷病名:うつ病 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 相談時の相談者様の状況 ご相談者様は四肢の筋力および言語機能に障害が出る難病を患っており、症状の進行を遅らせるためリハビリや家事を積極的に行っていました。 また治験にも参加するなど意欲的に治療を継続していましたが、症状の進行に伴い気分の落ち込み、意欲低下などの症状が現れました。 これまで 続きを読む >>

 >> 広汎性発達障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者 男性(30代/障害者雇用) 傷病名:広汎性発達障害 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 相談時の相談者様の状況 就労移行支援事業所の勉強会にご参加いただいた利用者様でした。 障害年金の手続きを検討していましたが、通院中の病院では発達障害の検査が出来ないため診断書は書けないと医師から言われて困っていました。 相談から請求までのサポート 発達障害の検査を受けられる病院をい 続きを読む >>

 >> うつ病で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者 女性(20代/無職) 傷病名:うつ病 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 相談時の相談者様の状況 障害年金の勉強会にご参加頂いたご家族様からご相談頂きました。 遠方のため、電話と郵便のみでやり取りを行いました。 大学の進学をきっかけにうつ病を発症。自宅に引きこもる日が続いていました。 相談から請求までのサポート 障害認定日前にご契約を頂いたため、認定日後すぐに障害年 続きを読む >>

 >> 知的障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者 男性(20代/障害者雇用) 傷病名:知的障害 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級   相談時の相談者様の状況 特別支援学校を卒業したご本人様とお母様が相談のため来所しました。 療育手帳の更新の手続きの際に、市役所から障害年金の説明を受けたが、手続きが煩雑でよくわからなかったそうです。 幼少期に療育センターで知的障害の指摘を受けたため、病院の受診は1度もありませんでした 続きを読む >>

 >> 知的障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者 女性(20代/障害者雇用) 傷病名:知的障害 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 支給月から更新月までの支給総額: 約78万円 相談時の相談者様の状況 特別支援学校を卒業後、障害者雇用で就労していました。 ご本人様が1919歳の時にご契約頂き、障害年金の手続きを進めていました。 今まで病院で治療を受けていなかったため、診断書を作成頂くために日常生活をきちんと伝える必要 続きを読む >>

 >> 統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご相談者様は17年前、資格試験の勉強に励む中、突然、幻聴の症状が現れました。 幻聴は鳴り止まず、不眠症状から試験勉強に支障をきたすようになりました。 次第に希死念慮が現れたため病院を受診し、統合失調症と診断されました。 10年以上通院を継続しましたが、症状は改善せず幻覚の症状も現れました。 治療の効果が現れないことから受診への意欲が低下し、自己判断で通院を中止しま 続きを読む >>

 >> 乳がんで障害基礎年金1級を取得、年間約140万円を受給できたケース

相談者 女性(40代/無職) 傷病名:乳がん 決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級 相談時の相談者様の状況 健康診断でしこりがあり、精密検査をうけました。 化学療法、放射線治療の後外科手術も行いましたが骨に転移が発覚。 その後脳転移、髄膜播種、肝移転、肺移転も判明しました。 現在は歩行困難な状態で経口での食事も困難です。 今後緩和治療を中心に行っていく予定です。 相談から請 続きを読む >>

 >> 統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者 男性(40代/無職) 傷病名:統合失調症 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 相談時の相談者様の状況 就労移行支援事業所の勉強会にご参加いただき、後日当センターに無料相談にお越しいただきました。 病気に苦しみ仕事ができず、生活保護を受給していましたが、将来的には生活保護の受給をやめて自立したいと考えていました。 相談から請求までのサポート  生活保護を受給中の方は、市 続きを読む >>

 >> 双極性障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者 男性(20代/無職) 傷病名:双極性障害 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 相談時の相談者様の状況 就労移行支援事業所に通所中に当センターの勉強会にご参加いただき、後日個別の無料相談に来所いただきました。 病院を転々としており、ご自身で書類を纏めて障害年金の請求をすることは困難であるとお話しされていました。 相談から請求までのサポート 障害認定日請求を行いました。 続きを読む >>

<< 前の記事を見る