MENU

てんかん

 >> 双極性障害で障害厚生年金2級を取得、年間約117万円を受給できたケース

相談者 女性(30代/無職) 傷病名:双極性障害 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 相談時の相談者様の状況 介護福祉士として勤務する中で、過重労働やパワーハラスメントなどのストレスを受け、夜眠れない、何もする気が起きないといった状態になりました。 精神科のクリニックを受診し、投薬を受けながら仕事を続けていましたが症状が悪化。 意識消失の発作が起きるようになり検査の結果てんかん 続きを読む >>

 >> てんかん・中等度知的障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース 

相談者 女性(20代/会社員) 傷病名:てんかん・中等度知的障害 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 相談時の相談者様の状況 お母様よりお電話をいただき後日無料相談にお越しいただきました。 娘さんは4歳の頃からてんかんの発作に悩まされていました。 服薬では発作のコントロールができず、日常生活に大きな支障を抱えていたそうです。 現在は障害者雇用で周囲の配慮を受けながらなんとか就 続きを読む >>

 >> うつ病・てんかんで障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者 女性(30代/就労移行支援事業所通所中) 傷病名:うつ病・てんかん 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 相談時の相談者様の状況 就労移行支援事業所で行っている勉強会にご参加いただきました。 その後、「自分で手続きをしようと思っていたが、初診が今から15年以上も前のことなので、カルテは残っていないと言われ初診日の証明がとれずストップしている。」ということで相談いただきました 続きを読む >>

 >> てんかんで障害基礎年金1級を取得、年間約97万円を受給できたケース

相談者 女性(20代/無職) 傷病名:てんかん 決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級 相談時の相談者様の状況 ご相談者様はてんかん発作の頻度が多く、お一人での外出に危険が伴うためご主人様とご一緒にお越し頂きました。 幼少時よりてんかんの治療を継続し1年前には外科手術も受けられましたが発作が改善せず、お仕事に就けないため障害年金の受給を希望されていました。 発作時のご様子や日常生活 続きを読む >>

 >> てんかんで障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者 女性(30代/会社員) 傷病名:てんかん 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 支給月から更新月までの支給総額:約78万円 相談時の相談者様の状況 小学校高学年頃から頭痛や眼痛を訴えるようになり、市販薬の服用で様子を見ていました。 その後、意識減損を伴う発作を発症して専門医を受診したところ、てんかんと診断されました。 通院・服薬を続けていましたが、発作のコントールがで 続きを読む >>

 >> てんかんで障害基礎年金2級を取得、さかのぼりで約430万円を受給できたケース

相談者 女性(30代/無職) 傷病名:てんかん 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 5年遡及額:総額約430万円 相談時の相談者様の状況 ご相談者様は10代の頃、自宅でくつろいでいる時に突然全身が痙攣し、意識がなくなり救急搬送されました。 即時入院・専門医での精密検査の結果、てんかんと診断されました。 定期的な通院、投薬治療により症状が治まっていましたが、しばらくして再び発作 続きを読む >>

 >> てんかんで障害基礎年金1級を取得、年間約 98万円を受給できたケース

相談者 女性(20代/無職) 傷病名:てんかん 決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級 支給月から更新月までの支給総額:約 309万円 相談時の相談者様の状況 申請に必要な診断書が1枚で済む期限が残り1ヶ月の時点でご相談に来所されました。 期限を超えると診断書が2枚必要になることをお伝えし、早速書類の取得に取り掛かりました。   相談から請求までのサポート 受診状況等証明書を 続きを読む >>

 >> てんかんで障害厚生年金3級を取得、年間約58万円を受給できたケース

相談者 女性(50代/無職) 傷病名:てんかん 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 支給月から更新月までの支給総額:約117万円 相談時の相談者様の状況 相談者様は仮死状態で出生し脳性麻痺のため左上下肢に麻痺があったそうです。 40歳を過ぎてから発作がおき、初めててんかんと診断されました。 10年以上投薬による発作コントロールを継続してきましたが、発作の頻度が多くなり就労 続きを読む >>

 >> てんかんで障害厚生年金3級を取得、総額323万円を受給できたケース

相談者 女性(30代/無職) 傷病名:てんかん 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 5年遡及額:約323万円 相談時の相談者様の状況 日常生活の中で極々短い意識消失が起きるようになりましたが、疲労が原因と思い、医療機関は受診されておりませんでした。 その後勤務中に倒れて緊急搬送され、てんかんと診断されました。 療養後は職場でのサポートを受けられないことや発作の不安から退職。 続きを読む >>

 >> てんかんで障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者 男性(30代/会社員) 傷病名:てんかん 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 支給月から更新月までの支給総額: 約160万円 相談時の相談者様の状況 小学生の時に高熱を出し、けいれん発作が起きました。脳脊髄炎と診断され抗てんかん剤を服用するようになりましたが、その後突発的にてんかん発作が起きるようになりました。大学卒業後就職しますがてんかん発作のため退職を余儀なくされ、現 続きを読む >>

<< 前の記事を見る