MENU

てんかんで障害基礎年金1級を取得、年間約97万円を受給できたケース

相談者

女性(20代/無職)
傷病名:てんかん
決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級

相談時の相談者様の状況

ご相談者様はてんかん発作の頻度が多く、お一人での外出に危険が伴うためご主人様とご一緒にお越し頂きました。
幼少時よりてんかんの治療を継続し1年前には外科手術も受けられましたが発作が改善せず、お仕事に就けないため障害年金の受給を希望されていました。
発作時のご様子や日常生活にどのような支障が出ているのか詳しくお伺いしたところ、障害認定基準に該当する可能性が高いということで、事務代行を承りました。
 

相談から請求までのサポート

ご相談者様は幼少時からご結婚までは遠方の他県にお住いでした。
通院先の病院は1箇所でカルテも保管されていたため20歳前障害での申請準備はスムーズに進められました。
障害認定日当時の発作のコントロール状態が不明だったため、病院への書類作成依頼時には「受診状況等証明書」と「診断書(精神の障害用)」両方を提出し、カルテの内容次第でいずれの書類を作成頂けるか医師に確認して頂く形を取りました。
病院の医事課のご担当者様が大変協力的で書類作成をスムーズに進めて下さいました。
結果的には障害認定日当時のカルテの内容からは障害認定基準に該当しないという判断に至り「受診状況等証明書」を発行頂く事になりました。
現在の通院先の主治医もご相談者様のご病状や日常生活に大変理解があり、丁寧に診断書を作成して下さいました。

結果 

てんかんで障害基礎年金1級を取得、年間約97万円を受給できました。