MENU

代理相談

 >> 統合失調症で障害基礎年金1級を取得、年間約97万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご相談者様ご本人は15年以上精神科病棟に入院中ということで、弟様がご相談にいらっしゃいました。 ご本人様に幻聴・幻覚の症状が現れたのは今から40年程前のことでした。 当時、高校生で近所迷惑になるような奇行が目立ったため、お母様の判断で近所でも有名な精神科専門病院を受診したそうです。 40年前は精神疾患に対する偏見が強く、お母様は夫(ご本人様の父親)にも病院受診のこと 続きを読む >>

 >> てんかん・中等度知的障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース 

相談時の相談者様の状況 お母様よりお電話をいただき後日無料相談にお越しいただきました。 娘さんは4歳の頃からてんかんの発作に悩まされていました。 服薬では発作のコントロールができず、日常生活に大きな支障を抱えていたそうです。 現在は障害者雇用で周囲の配慮を受けながらなんとか就労をしていますが、いつまで続けられるか非常に不安であるとのことでした。 何か支援を受けられないかと探していてところ 続きを読む >>

 >> 脳出血で障害基礎年金1級を取得、年間約98万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 同居している母親の声掛けに反応せず、救急車で搬送。重度の障害が残り、介護が必要な状態となりました。 そのため、弟さんが代わりに相談に来られました。 相談から請求までのサポート 脳血管障害による障害認定日の特例でのお手続きを行うことにしました。 そのため、医師に診断書の注意事項をまとめてお渡ししました。 結果  脳出血で障害基礎年金1級を取得、年間約98万円を受 続きを読む >>

 >> 脳出血で障害基礎年金1級を取得、年間約98万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 旦那様よりお電話があり、無料相談にお越しいただきました。 この方は左右2回の脳出血を経験されており、肢体麻痺も左右共に残存している状態でした。現在は車椅子もままならず特別養護老人ホームで生活しています。 ご本人様と面談でお会いすることができなかったので、日常生活や病歴についての聞き取りは旦那様から行いました。 相談から請求までのサポート 2回の脳出血がありましたが 続きを読む >>

 >> 結節硬化型古典的ホジキンリンパ腫で障害厚生年金3級を取得、年間約58万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご相談者様は在職中、右脚の付け根が腫れ出しました。 次第にコブ状に大きくなり立ち仕事や歩行に影響が出始めたため、自宅近くの総合病院の皮膚科を受診しました。 精査の結果、悪性リンパ腫の疑いが指摘され、大学病院に紹介転院し抗癌剤治療を開始しました。 一時、病状は安定していましたが1年半経過後に再発と転移を認め再度抗癌剤治療を実施することになりました。 その後、自家末梢 続きを読む >>

 >> 統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 入院中のご本人様に代わりお母様が相談に来所されました。 病状は非常に重く、入退院を繰り返していました。 相談から請求までのサポート  障害年金の手続き開始からスムーズに障害年金が認められました。 結果 統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できました。 続きを読む >>

 >> 悪性脳腫瘍(膠芽腫)で障害厚生年金1級を取得、年間約130万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご相談者様は勤務中に激しい頭痛と嘔吐の症状が現れ病院を受診しました。 検査の結果、脳腫瘍が見付かり即日入院となりました。 その後、大学病院へ紹介転院し摘出手術を実施しました。 放射線療法等の効果が現れ、一時、病状は安定していましたが4年経過後に再発を認め再手術、抗癌剤治療を実施することになりました。 ご相談者様本人は体調不良ということで、当センターの相談員がご自宅 続きを読む >>

 >> 自閉症スペクトラム障害、知的障害で障害基礎年金1級を取得、年間約97万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 19歳の息子様のご相談にお父様からご相談いただきました。 生まれつき重度の知的障害と診断されており、20歳になるタイミングで障害年金の申請ができるようにしたいというご希望がありました。 お父様は仕事が多忙であったため、ご依頼いただきました。   相談から請求までのサポート 診断書を医師に作成いただくにあたり、幼少期からの症状について細かくまとめた資料を作成しまし 続きを読む >>

 >> うつ病で障害厚生年金2級を取得、さかのぼりで約129万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 先天性の周期性四肢麻痺があり、運動をすると症状が出るので家の中で静かに暮らしている、障害年金の請求はできるでしょうかとお姉さまよりご相談のお電話をいただきました。 お話を伺うと、うつ病も発症しており、生活に大きな支障を来しているとのことでした。   相談から請求までのサポート 主治医に診断書の作成を依頼したところ、周期性四肢麻痺という難病を抱えているので、書くべき 続きを読む >>

 >> 妄想性障害で障害基礎年金2級を取得、さかのぼりで約500万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 初回無料相談にはご主人様がご来所下さいました。 ご相談者様は15年程前からママ友との関係が上手く行かなくなり、様々な妄想が現れました。 ご主人様は環境を変えたり、病院受診に付き添うなど手を尽くしましたが、症状は改善しませんでした。 またご本人様に病識がなく、医療保護入院による治療も行いましたが、退院後は服薬や通院を嫌がるため治療が捗りませんでした。 長年のご家族の 続きを読む >>

<< 前の記事を見る