MENU

二次障害

 >> うつ病で障害基礎年金2級を取得、年間約100万円を受給できたケース

相談者 女性(40代/就労支援事業所) 傷病名:うつ病 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 相談時の相談者様の状況 ご相談者様は四肢の筋力および言語機能に障害が出る難病を患っており、症状の進行を遅らせるためリハビリや家事を積極的に行っていました。 また治験にも参加するなど意欲的に治療を継続していましたが、症状の進行に伴い気分の落ち込み、意欲低下などの症状が現れました。 これまで 続きを読む >>

 >> 双極性障害・障害認定日請求で障害基礎年金2級を取得。卵巣がんに対する化学療法による末梢神経障害・事後重症請求で障害基礎年金1級を取得、年間約97万円を受給できたケース

相談者 女性(40代/無職) 傷病名:卵巣がんに対する化学療法による末梢神経障害、双極性障害 決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級 相談時の相談者様の状況 卵巣がんの抗がん剤治療で末梢神経障害を患い、歩行や日常生活にも支障をきたしていました。 がんに対する不安から精神的なダメージも大きく、双極性障害の診断も受けていました。 相談から請求までのサポート  2つの病気で同時に障害年 続きを読む >>

 >> うつ病・発達障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者 男性(20代/無職) 傷病名:うつ病・発達障害 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 相談時の相談者様の状況 お母様からお電話をいただき、後日、ご本人様と2人で無料相談にお越しいただきました。 19歳の頃に精神的に不安になり、医療機関を受診されたそうです。 気分変調症・発達障害の疑いがあると診断され、薬の処方を受けました。 服薬をしても、症状に改善が見られなかったので自 続きを読む >>

 >> 悪性脳腫瘍(膠芽腫)で障害厚生年金1級を取得、年間約130万円を受給できたケース

相談者 女性(50代/無職) 傷病名:悪性脳腫瘍(膠芽腫) 決定した年金種類と等級:障害厚生年金1級 相談時の相談者様の状況 ご相談者様は勤務中に激しい頭痛と嘔吐の症状が現れ病院を受診しました。 検査の結果、脳腫瘍が見付かり即日入院となりました。 その後、大学病院へ紹介転院し摘出手術を実施しました。 放射線療法等の効果が現れ、一時、病状は安定していましたが4年経過後に再発を認め再手 続きを読む >>

 >> うつ病・関節リウマチで障害基礎年金1級を取得、年間で約97万円を受給できたケース

相談者 女性(40代/無職) 傷病名:うつ病、関節リウマチ 決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級 相談時の相談者様の状況 長く看病、介護をしていた祖母の死去により不眠、食欲不振と言った症状が現れるようなりました。 精神科を受診しカウンセリングと投薬をうけますが症状は悪化し仕事を辞めざるを得なくなりました。 その後関節リウマチも発症し、歩行ができない、関節の痛みなどに悩まされるよう 続きを読む >>

 >> うつ病・線維筋痛症で障害厚生年金1級を取得、年間約297万円を受給できたケース

相談者 男性(50代/無職) 傷病名:うつ病・線維筋痛症 決定した年金種類と等級:障害厚生年金1級 相談時の相談者様の状況 相談者様は「線維筋痛症」と「うつ病」により長年勤務された金融関係の仕事を続けることができなくなり退職に至りました。 初回無料相談時には傷病手当金を受給中でしたが、生活費の他お子様二人の学費負担があるため、傷病手当金から障害年金へのスムーズな移行を希望されてご相談に 続きを読む >>

 >> うつ病で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者 女性(50代/無職) 傷病名:うつ病 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 相談時の相談者様の状況 ご相談者様は40代から婦人科系のがんを相次いで発症され治療を受けられました。 寛解後も再発や死に対する不安感が強く抑うつ状態となりました。 がんの経過観察を受けていた内科で抑うつ症状に対する薬の処方を受けるようになりました。 通院や治療費が負担になるため、メンタルクリニッ 続きを読む >>

 >> 広汎性発達障害、強迫性障害で障害基礎年金2級を取得、さかのぼりで約416万円を受給できたケース

相談者 男性(20代/障害者雇用) 傷病名:広汎性発達障害、強迫性障害 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級(年間約78万円受給) 相談時の相談者様の状況 就労移行支援施設にて開催した勉強会に参加いただいた後、ご相談にお越しいただきました。 幼少期より対人関係が苦手で、周囲から孤立しがちでした。 大学入学前後より独語が出現。 思ったことをつい口に出してしまい、ますます周囲か 続きを読む >>

 >> 広汎性発達障害、知的障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者 男性(20代/無職) 傷病名:広汎性発達障害、精神発達遅滞 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 支給月から更新月までの支給総額: 約78万円 相談時の相談者様の状況 乳児期に重度のアレルギーが見付かり、家族は食事や衣類などに細心の注意を払って生活していました。 その後、歩行や発語など様々な発達の遅れが見られましたが、保健師からは「様子を見ましょう」というアドバイスを受け 続きを読む >>

 >> 統合失調症、知的障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者 女性(20代/就労継続支援事業所に通所) 傷病名:統合失調症、知的障害 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 相談時の相談者様の状況 リサイクル製品のクリーニングを行う就労継続支援事業所に通所していました。 精神的に不安定になることが多く、1日4時間の作業ができていないようでした。 パニックになると人目を気にせず大声で泣き出してしまいました。 職員が音楽を聴かせたり、一 続きを読む >>

<< 前の記事を見る