MENU

やり直し

 >> 統合失調症で障害基礎年金1級を取得、年間約97万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご相談者様ご本人は15年以上精神科病棟に入院中ということで、弟様がご相談にいらっしゃいました。 ご本人様に幻聴・幻覚の症状が現れたのは今から40年程前のことでした。 当時、高校生で近所迷惑になるような奇行が目立ったため、お母様の判断で近所でも有名な精神科専門病院を受診したそうです。 40年前は精神疾患に対する偏見が強く、お母様は夫(ご本人様の父親)にも病院受診のこと 続きを読む >>

 >> 黄斑ジストロフィーで障害共済年金1級を取得、年間約200万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご相談に来所頂いたときには既に5ヶ月も前に障害年金の手続きをご自身で行っていました。 20代の時に目の異常を訴えて眼科を受診後、徐々に視力が低下しました。障害年金を申請する時には、すでに障害認定基準の1級に相当する程悪化していたため申請も一苦労でした。 しかし、申請をして障害認定基準に当てはまっていても初診日の証明ができず返戻になりました。 初診日から20年近く経過 続きを読む >>

 >> うつ病で障害厚生年金2級を取得、年間約173万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 営業職に従事していましたが、厳しいノルマや過重労働により不眠・漠然とした不安感などの症状が現れました。 次第に希死念慮・抑うつ症状が現れ、仕事や日常生活に支障をきたすようになったため、医療機関を受診しました。 うつ病と診断された後、定期外来通院と薬の処方、カウンセリングを受けましたが症状は悪化。 就労不能になり退職、自宅療養に専念することになりました。定期的な通院の 続きを読む >>

 >> 双極性障害で障害厚生年金2級を取得、年間約175万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 以前、ご自身で手続きをされましたが残念ながら不支給という結果でした。 症状の改善はなく就労不可能な期間が長引いていたそうです。 当センターのホームページを見て改めて手続きができないものか、相談にお越しいただきました。 相談から請求までのサポート 医師を目の前にすると、実際の症状をうまく伝えられないとおっしゃる方がいらっしゃいます。 面談時に日常生活の聞き取りをし 続きを読む >>

 >> うつ病(反復性うつ病)で障害基礎年金2級を取得、総額約553万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 船橋の無料相談会にお越しいただきました。 ご自身で「パニック障害」で手続きをしたところ、認められず相談にお越しいただきました。 相談から請求までのサポート ご自身で手続きをした時の書類をすべてお持ちいただき、診断書やご自身で作成した病歴就労状況等を拝見させていただきました。 診断書の内容は障害年金2級に該当するほどの内容でしたが、病名が「パニック障害」のため認めら 続きを読む >>

 >> 統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 統合失調症で入院中のご本人様よりお電話でご相談いただき、後日無料相談会へご参加いただきました。 過去にご自身で手続きをされましたが、残念ながら不支給でした。 その後徐々に症状は悪化、入退院を繰り返すようになりました。 そのうち医師から症状が重くなったため再度手続きしてもいいのではと言われ、再度請求を決意されました。 前回、書類の作成や診断書の修正依頼に時間と労力が 続きを読む >>

 >> 広汎性発達障害・知的障害で障害基礎年金2級を取得、総額約430万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 小学校・中学校と進学をする過程で注意力散慢・多動・学習面の遅れが指摘されましたが、家族や周囲は本人の性格や意識の問題と考え、受診はしていませんでした。 高校進学をしたものの、学習について行けず中退。 その後は土木関係のアルバイトに就きます。 しかし、どの職場も長続きせず、思うように社会参加できない焦燥感から家庭内暴力や器物破損での逮捕などトラブルを起こすようになりま 続きを読む >>

 >> うつ病で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 この方は年金事務所の窓口で相談しながら申請されたのですが、結果は不支給でした。 どうすればよいのかわからなくなって当センターへご相談いただきました。 ご自身で手続きされた際の診断書を拝見したところ不安障害と診断されておりました。 不安障害は、障害年金の対象から外されています。 この傷病名だけで申請しても、かなり高い確率で障害年金は不支給とされてしまいます。 詳し 続きを読む >>

 >> うつ病で障害厚生年金2級を取得、年間約 120万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 この方は2年前に申請されたのですが結果は不支給でした。 当時の診断書の内容を確認したところ傷病名は「強迫性障害」となっており、日常生活についても概ねできると軽いものでした。 現在はうつ病の症状が強く、日常生活に大きな支障をきたしているということで再度手続きを進めることになりました。 相談から請求までのサポート 初診時は遠方に住んでいたため、当センターで受診状況等証 続きを読む >>

 >> 気分変調症・解離性障害で障害厚生年金2級を取得、年間約107万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 通院先の病院で当センターのチラシをご覧になりご相談にいらっしゃいました。 以前、別のご病気で障害年金の申請準備を進められたところ、書類が揃えられず申請を断念されたことがあったそうです。 今回の障害年金申請については医師や市役所の福祉担当者からのアドバイスも有り、最初から事務代行を希望されて当センターにご来所下さいました。   相談から請求までのサポート 相談者様 続きを読む >>

<< 前の記事を見る