MENU

脳出血・脳梗塞

 >> くも膜下出血・高次脳機能障害で障害厚生年金3級を取得、年間約58万円を受給できたケース

相談者 女性(30代/無職) 傷病名:くも膜下出血・高次脳機能障害 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 相談時の相談者様の状況 勤務先で倒れ、救急搬送されてくも膜下出血と診断を受けました。 数回の手術を受け療養を続けましたが、後遺症として左半身の麻痺と高次脳機能障害が残りました。 リハビリを続けていらっしゃいますが日常生活に支障が出ている部分も多く、ご相談をいただきました。 相談から請求まで 続きを読む >>

 >> 脳出血で障害基礎年金2級を取得、年間約79万円を受給できたケース

相談者 男性(50代/無職) 傷病名:脳出血 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 相談時の相談者様の状況 ご相談者様は自営のお仕事中に脳出血で倒れられ、左半身麻痺の状態になりました。 発症から半年で症状固定と診断され、経過観察やリハビリを受けることが出来ませんでした。 その後2年近くが経過しましたが、自営のお仕事は廃業し再就職も捗らないため障害年金の受給を希望されご相談をお受けすることになり 続きを読む >>

 >> 脳梗塞で障害基礎年金1級を取得、年間約97万円を受給できたケース

相談者 女性(40代/無職) 傷病名:脳梗塞 決定した年金種類と等級:障害基礎年金 1級 相談時の相談者様の状況 相談者様は小学生の頃、体育の授業中の怪我が原因で脳梗塞を発症しました。 左半身に麻痺が残ったため10代のうちに障害者手帳を取得し、長年、障害者雇用でお仕事をされていました。 その後雇い止めとなり、再就職が捗らないことから就労支援施設の通所を開始されました。 そちらの施設 続きを読む >>

 >> 脳出血で障害厚生年金1級を取得、年間約220万円を受給できたケース

相談者 男性(50代/無職) 傷病名:脳出血 決定した年金種類と等級:障害厚生年金1級 相談時の相談者様の状況 ご本人様は脳出血による左半身麻痺の状態により、車椅子もままならずベッドで生活していました。 婚約者の方から代理でお電話いただき、面談にお越しいただきました。 障害年金について詳しいことが分からないようだったので、面談の際には障害年金の基本的なことからご説明致しました。 が安定しないことか 続きを読む >>

 >> 脳梗塞で障害厚生3級を取得、年間約75万円を受給できたケース

相談者 男性(50代/会社員) 傷病名:脳梗塞 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 相談時の相談者様の状況 勤務中、突然激しい頭痛に襲われ早退。 帰宅途中に身体が傾き始め、ろれつも回らなくなったことから病院を受診し、脳梗塞と診断されました。 左半身に麻痺が残り、外出時は杖が欠かせない状況でした。 以前働いていた会社は退職を余儀なくされ、現在は障害者雇用で就労中です。 就労できているとはいえ以 続きを読む >>

 >> 脳幹出血で障害厚生2級を取得、年間約150万円を受給できたケース

相談者 女性(50代/無職) 傷病名:脳幹出血 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 相談時の相談者様の状況 当センターのHPで受給判定を受け、その後ご主人様と一緒に面談にお越しいただきました。 相談者様は脳幹出血で救急搬送され、そのまま入院。 退院後はリハビリを継続しておりましたが、現在も右片麻痺が残っています。 傷病手当金が満了となるため、経済的な不安から障害年金の手続きを検討されたとのこ 続きを読む >>

 >> 脳梗塞による高次脳機能障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者 男性(60代/無職) 傷病名:脳梗塞による高次脳機能障害 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 相談時の相談者様の状況 ご家族様からメールで御相談いただき、後日、奥様と娘さんに無料相談にお越しいただきました。 相談者様は4年前に脳梗塞で倒れられて、現在まで経過観察を継続しております。 当初は奥様と娘さんの方で手続きを進められており既に肢体用、言語用の診断書を医師に依頼をし 続きを読む >>

 >> くも膜下出血で障害厚生年金3級を取得、年間約58万円を受給できたケース

相談者女性(30代/無職)傷病名:くも膜下出血決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級相談時の相談者様の状況ご相談者様は30代後半の若さでくも膜下出血を発症し、左半身の麻痺と高次脳機能障害の後遺障害が残存しました。急性期治療の後、リハビリに専念されましたが仕事に復職することはできず退職されました。日常生活にも支障があり、今後の社会復帰の目処も立たないことから障害年金受給を希望され、ご相談にいらっし 続きを読む >>

 >> 脳出血で障害厚生年金3級を取得、年間約89万円を受給できたケース

相談者男性(50代/無職)傷病名:脳出血決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級支給月から更新月までの支給総額:約332万円相談時の相談者様の状況突然のめまいで倒れ救急搬送されました。検査を受けたところ脳出血と診断され、緊急入院。左半身の麻痺に加え、失語症が後遺症として残ったため、リハビリテーションを続けていました。しかし、左半身の麻痺が強くなり、体調を崩すことが多くなりました。仕事にも支障をきた 続きを読む >>

 >> くも膜下出血で障害基礎年金1級を取得、年間約98万円を受給できたケース

相談者女性(60代/無職)傷病名:くも膜下出血決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級支給月から更新月までの支給総額:約536万円相談時の相談者様の状況ご本人様はお一人での外出は出来ず、トイレの介助、寝返りの介助等日常生活全てにおいてご主人様の援助が必要不可欠な状況でした。ご主人様は奥様の介護で外出や連絡も限られるご状況でした。相談から請求までのサポートご主人様は介護でご多忙のため、連絡はすべてメ 続きを読む >>

<< 前の記事を見る