MENU

網膜色素変性症

 >> 網膜色素変性症で障害厚生年金2級を取得、年間約210万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご相談者様は8年程前から網膜色素変性症を発症され、視野欠損が進行したご状況でした。 障害認定基準と視野検査の数値を照らし合わせたところ、2級相当に該当することが分かりました。 今後、遠くない未来に失明の可能性もあることから、自営のお仕事もいつまで続けられるか不安が募るということでした。 経済的な不安を軽減し、今後の症状の悪化に備えたいということで当センターにご相談に 続きを読む >>

 >> 網膜色素変性症で障害基礎年金1級を取得、年間約97万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご本人よりお電話でご相談いただき、後日無料相談会へご参加いただきました。 この方はもともと中国で生まれ育ち、小学生の頃に夜盲症を自覚されるようになり医師の診察を受けておりました。 網膜色素変性症と診断され、半年に1回程度の頻度で受診し、検査を受けてこられました。 21歳の頃、日本語の勉強のため来日し日本国籍を取得しました。 28歳になる頃までに徐々に症状は悪化し、 続きを読む >>

 >> 両眼網膜色素変性症で障害厚生年金2級を取得、年間約179万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 会社の健康診断で異常が見つかり、受診をされました。 両眼網膜色素変性症と診断された後は半年に一度経過観察のため通院をしています。 その間に視野狭窄・視力低下などの症状が悪化して従事していた業務を続けることが難しくなったため、現在は休職をされています。  相談から請求までのサポート 初診の病院の最終受診日は16年前でした。 幸いにしてカルテは保存されていましたが、 続きを読む >>

 >> 網膜色素変性症で障害厚生年金2級を取得、年間約160万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 右目に目やに、ものもらい等が現れたため眼科を受診。検査を受けたところ網膜色素変性症と診断されました。目立った自覚症状がなく進行も緩やかだったため一旦は受診を中止しましたが、視野が狭くなり日常生活に支障をきたすようになったため再度治療を受けることになりました。 現在も定期的に通院し、治療を続けていますが夜盲、眼精疲労によるふらつき、めまい、頭痛といった症状に悩まされていま 続きを読む >>

 >> 網膜色素変症で障害厚生年金1級を取得、年間約210万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 物を落としても探しづらい、運転中周りが見えず接触事故を起こすなどの兆候はありました。 当初は眼精疲労と思いサプリメントを飲むなどして対応していましたが、目の痛みが治まら ないため受診。 検査の結果網膜色素変性症と診断されました。白内障も進んでおり現在は会社を休職しています。 期間満了による退職の可能性も強く将来に不安を抱いています。   相談から請求ま 続きを読む >>

 >> 網膜色素変性症で障害基礎年金2級を取得、年間約110万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 幼少時より眼に異常があり、網膜色素変性症と診断されました。治療法がないために経過観察を続けていました。その後白内障と緑内症を併発。視野が狭く人や物によくぶつかり、夜盲症のため夜はほとんど見えない状態が続いています。針灸の資格をとり仕事をされていますが、お客様の顔がよく見えず全盲になるのではという不安をかかえていらっしゃいます。   相談から請求までのサポート 続きを読む >>