MENU

人工透析

 >> 人工透析(慢性腎不全)で障害厚生年金3級を取得、年間約180万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご本人から電話でご相談いただき、後日事務所へお越しいただいて面談を行いました。 この方は約15年前に会社の健康診断で高血糖を指摘され、病院へ行くよう指示をされ受診をしたところ、Ⅱ型糖尿病と診断されました。 以降は長年に渡り投薬治療を継続されていましたが、クレアチニン値が悪化したため、ご相談いただく数か月前から人工透析を開始しておられました。 相談から請求までのサポー 続きを読む >>

 >> 人工透析(慢性腎不全)で障害基礎年金2級を取得、さかのぼりで200万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご本人よりお電話をいただきました。 ご自身で手続きを進めようと、市役所で書類一式を受け取っておりました。 書類の多さに困惑したことと、初診の病院が廃院していることから、不安になり無料相談にお越しいただきました。 相談から請求までのサポート  慢性腎不全で手続きをする場合、糸球体腎炎が認められた場合は相当因果関係ありとして糸球体腎炎について診療を受けた日が初診日とし 続きを読む >>

 >> 人工透析(慢性腎不全)で障害厚生年金2級を取得、年間約232万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご本人よりお電話をいただきました。 糖尿病の治療を10年以上続けてきましたが、医師から人工透析をすすめられたそうです。 ご自身で手続きを進めようと、市役所で書類一式を受け取っておりましたが、説明をきいてもよくわからなかったため無料相談にお越しいただきました。 相談から請求までのサポート 糖尿病の指摘を受けてからずっと同じ病院を受診していたので、手続きはスムーズでし 続きを読む >>

 >> 人工透析(慢性腎不全)で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご自身で手続きを進めようと年金事務所に相談にいったところ、書類の多さや煩雑さ、また初診日が20年以上前ということもありうまく進められるか自信がないということでお電話をいただきました。 相談から請求までのサポート 初診から20年近く同じ病院に通院しておりましたが、初診時当時の古いカルテは破棄されており、正確な初診日はわかりませんでした。 受診状況等証明書には残存してい 続きを読む >>

 >> 人工透析(慢性腎不全)で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 人工透析を受けることになり、インターネットで検索していたところ当センターのホームページをご覧になったそうです。 納付要件のことや細かい手続き内容について相談したいとのことでご連絡いただきました。   相談から請求までのサポート 納付要件の確認から当センターでサポートさせていただきました。 医師がスムーズに作成いただけるように参考資料を添付した上で医師に診断書をお 続きを読む >>

 >> アルポート症候群(人工透析)で障害基礎年金2級を取得、さかのぼりで430万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご相談者様は先天性のご病気であるアルポート症候群を患い、20歳前から人工透析を実施していました。 週3回の血液透析により就労が困難な状況であることから、お母様とご一緒にご来所下さいました。 これまでにご自身でも障害年金の手続きについて調べられていましたが、書類の準備が大変で先延ばしになっていたそうです。   相談から請求までのサポート ご相談者様は幼少期より病院 続きを読む >>

 >> 人工透析(腎硬化症)で障害厚生2級を取得、さかのぼりで約280万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 1年ほど前から腎硬化症により人工透析を開始しておりました。 お仕事が忙しく年金事務所へ行く時間もなかなか取れないことと、書類の多さ等お一人で手続きすることが難しいということでご相談にお越しいただきました。 相談から請求までのサポート 体調に異変を感じ始めて受診された内科クリニックへ受診状況等証明書(初診証明)の作成の依頼からさせていただきました。 週3回透析のため 続きを読む >>

 >> 人工透析(慢性腎不全)で障害厚生年金2級を取得、年間約135万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご本人から電話でご相談いただき、後日事務所へお越しいただいて面談を行いました。 相談から請求までのサポート 人工透析を受けておられる方は、確実に障害等級2級以上に該当します。 まず初診日がどこになるのかを正しく判断する必要があります。 糖尿病を原因とした腎不全の場合だと、糖尿病で初診を判断する必要があります。 この方は倦怠感が強くなったため、近くの内科クリニック 続きを読む >>

 >> 人工透析(慢性腎不全)で障害厚生年金2級を取得、年間約138万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 糖尿病がきっかけで人工透析を施行されており、ご自身で手続きのために役所に行き、必要な書類を受け取ったが何から手をつけたらよいか困っていたところ役所の方から当センターを紹介されご来所いただきました。 他県にも関わらず、わざわざご来所いただきました。 相談から請求までのサポート 人工透析の方は初診日の確定が難しいケースがあります。 このご依頼者様の場合は人工透析を受け 続きを読む >>

 >> 人工透析(糖尿病性腎症)で障害厚生年金2級を取得、年間約143万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 勤務先の健康診断で蛋白尿を指摘されていましたが、受診はしていませんでした。 次第に慢性的な倦怠感の自覚症状が現れ、医療機関を受診、入院加療しました。 退院後は定期診察を受けていましたが、HbA1cの上昇をきっかけに糖尿病性腎症と改めて診断され、インスリン注射を開始。 腎機能低下により、現在は週3回・1回4時間の人工透析を受けています。 相談から請求までのサポート 続きを読む >>

<< 前の記事を見る