うつ病・関節リウマチ障害基礎年金1級を取得、年間約98万円を受給できたケース

相談者

女性(50代/無職)
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級
支給月から更新月までの支給総額:約293万円

相談時の相談者様の状況

手足のこわばりを感じるようになり受診したところ、関節リウマチと診断されました。
定期的に通院し、投薬とリハビリを受けていましたが、関節痛・腰痛といった症状に悩まされ、お一人での外出が困難となりました。
日によって調子の波があり、体調が悪いときはベッドから起き上がることもできません。
精神的な落ち込みもひどくなり、精神科も受診。感情のコントロールができず、不眠、頭痛といった症状も続いています。

相談から請求までのサポート

障害が複数ある場合、それらの障害を併せて等級判定を行う併合認定という制度があります。
精神疾患である、うつ病に関しては、障害認定日(初診日から1年6ヶ月から3ヶ月以内)と現在のもの、2通の診断書を取得しました。
肢体障害の関節リウマチに関しては障害認定日当時のカルテは残っておらず、現在のもの1通のみ取得し、手続きを進めました。
病歴就労状況等申立書については、それぞれの傷病について混同しないよう丁寧にまとめました。

結果

障害基礎年金1級を取得、年間約98万円を受給しました。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例