社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

難病・その他

 >> 脊髄空洞症で障害基礎年金1級を取得、年間約120万円を受給できたケース

相談者 女性(50代/無職) 傷病名:脊髄空洞症 決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級 (年間約120万円受給) 相談時の相談者様の状況 遺伝性の難病により1年ほど前から歩行が出来なくなりました。 車いすでの生活になり、障害年金は1級に該当すると思いました。 ご家族様が障害年金の手続きをしていましたが、病歴が長く受診状況等証明書がとれないことやご家族様の体調不良もあり取得した診断 続きを読む >>

 >> 全身エリテマトーデスで障害基礎年金1級を取得、年間約98万円を受給できたケース

相談者 女性(40代/無職) 傷病名:全身エリテマトーデス 決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級 (年間約98万円受給) 相談時の相談者様の状況 今から20年程前、手指の関節痛、肩関節痛があり近医外科を受診しました。 特に具体的な病名を告げられることはなかったそうですが、精査目的で総合病院を受診した結果、全身性エリテマトーデスと確定診断を受けたそうです。 発病から現在まで長期に渡 続きを読む >>

 >> 潰瘍性大腸炎で障害共済年金2級を取得、年間約150万円を受給できたケース

相談者 男性(60代/会社員) 傷病名:潰瘍性大腸炎 決定した年金種類と等級:障害共済年金2級 (年間約150万円受給) 相談時の相談者様の状況 ご自身で障害年金を進めていましたが、初診日がかなり古く証明することに難航していました。 取得した書類を面談に持って来ていただき、拝見すると初診日の証明が問題なくできれば、人工肛門+尿路変更術のため障害年金2級に該当することが分かりました。 続きを読む >>

 >> 筋ジストロフィーで障害厚生年金2級を取得、年間約137万円を受給できたケー

相談者 女性(50代/非正規雇用) 傷病名:顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー症 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 (年間約137万円受給) 相談時の相談者様の状況 以前娘さんが幣事務所で同じ病気で障害年金を請求して受給が決定していました。 今回はお母様であるご本人様が、腰痛等で長く整形外科に通院していたが他院で筋ジストロフィーとの診断が下りたとのことでご相談のお電話をいただきまし 続きを読む >>

 >> 先天性疾患による直腸・膀胱機能障害(完全尿・便失禁)で障害基礎年金2級を取得、さかのぼりで約420万円を受給できたケース

相談者 男性(20代/会社員) 傷病名:先天性疾患による直腸・膀胱機能障害(完全尿・便失禁) 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 (年間約78万円受給) 相談時の相談者様の状況 ご相談者様は近々入院予定ということでお父様から代理相談を受けました。 生まれつきのご病気でこれまで数十回に及ぶ手術を受けているものの、直腸・膀胱機能障害により完全尿・便失禁状態とのことです。 幼少時から 続きを読む >>

 >> 慢性疲労症候群で障害基礎年金2級を取得、年間約130万円を受給できたケース

相談者 女性(40代/無職) 傷病名:慢性疲労症候群 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級   相談時の相談者様の状況 少しの家事で疲れ切って何日も寝込んでしまったり、突然悪寒がひどくなったかと思うと熱で寝込んでしまう、光や音に敏感で気分が悪くなって寝込む、関節が痛む等、原因不明の症状が全身に起こりました。 例えると毎日40度近いインフルエンザにかかっているようだと仰っていま 続きを読む >>

 >> 四肢体幹機能運動障害(筋萎縮性側索硬化症)で障害基礎年金1級を取得、年間約98万円を受給できたケース

相談者 男性(50代/無職) 傷病名:四肢体幹機能運動障害(筋萎縮性側索硬化症) 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 相談時の相談者様の状況 ご本人様よりお電話があり、後日無料相談にお越しいただきました。 1年半前から右の指先が動かず箸が持てない、などの症状が続いていました。 当初は一時的なものだと思い、整骨院などに通っていましたが次第に症状は悪化。 整形外科を受診したところ 続きを読む >>

 >> 筋萎縮性側索硬化症で障害厚生年金1級を取得、年間約320万円を受給できたケース

相談者 男性(60代/会社員) 傷病名:筋萎縮性側索硬化症 決定した年金種類と等級:障害厚生年金1級 (年間約320万円受給) 相談時の相談者様の状況 足のつまずきが頻繁にあることやゴルフのスイングの調子が悪いことに違和感を覚えて内科の医師に相談しました。 血液検査で筋力低下が確認されましたが内科的疾患はなく、脳神経内科を紹介されました。初めは原因が判明しませんでしたが、初診日から約3 続きを読む >>

 >> 結節性多発動脈炎で障害共済年金3級を取得、年間約67万円を受給できたケース

相談者 男性(40代/休職中) 傷病名:結節性多発動脈炎 決定した年金種類と等級:障害共済年金3級 相談時の相談者様の状況 ご相談者様は約5年前に難病の結節性多発動脈炎を発症し、入院加療のため休職と復職を繰り返していらっしゃいました。 結節性多発動脈炎は全身に様々な症状が現れるため、その都度、手術やステロイドの処方量を調整して治療を継続していますが、体力低下が著しく退職も検討されている 続きを読む >>

 >> 黄斑ジストロフィーで障害共済年金1級を取得、年間約200万円を受給できたケース

相談者 男性(40代/公務員) 傷病名:黄斑ジストロフィー 決定した年金種類と等級:障害共済年金1級 相談時の相談者様の状況 ご相談に来所頂いたときには既に5ヶ月も前に障害年金の手続きをご自身で行っていました。 20代の時に目の異常を訴えて眼科を受診後、徐々に視力が低下しました。障害年金を申請する時には、すでに障害認定基準の1級に相当する程悪化していたため申請も一苦労でした。 し 続きを読む >>

<< 前の記事を見る