MENU

脊髄小脳変性症

 >> 脊髄小脳変性症6型で障害基礎年金2級を取得、さかのぼりで約570万円、年間約101万円を受給できたケース

相談者 女性(50代/無職) 傷病名:脊髄小脳変性症 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 相談時の相談者様の状況 ご本人様からお電話をいただき、後日娘さんと一緒に無料相談にお越しいただきました。 体幹機能に障害があり、上手くバランスを取れないため杖が使えず、外出時は家族が必ず同行し家族に掴まりながら歩行していました。 ご自身で年金事務所に何度も足を運ぶことは非常に難しいため、ご依頼いただきま 続きを読む >>

 >> 脊髄小脳変性症性痙性対麻痺で障害厚生基礎年金2級を取得、年間約180万円を受給できたケース

相談者 男性(50代/会社員) 傷病名:脊髄小脳変性症性痙性対麻痺 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 支給月から更新月までの支給総額: 約540万円 相談時の相談者様の状況 めまい、ふらつき、足の違和感といった症状が現れたため受診。 検査の結果脊髄小脳変性症性痙性対麻痺と診断されました。以後定期的に通院して服薬し経過観察を続けています。 症状は悪化傾向にあり数十メートル毎に休憩を取らなけれ 続きを読む >>

 >> 脊髄小脳変性症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者女性(50代/無職)傷病名:脊髄小脳変性症決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級支給月から更新月までの支給総額:約422万円相談時の相談者様の状況ご本人様からお電話をいただき、後日ご主人様と一緒に無料相談にお越しいただきました。ご自身で手続きをすすめようと年金事務所に足を運びましたが、煩雑な手続きのためご自身で進めるのは難しいと判断されたとのことです。主治医の先生にもどのように伝えて良いの 続きを読む >>

 >> 脊髄小脳変性症で障害基礎年金1級を取得、総額約300万円を受給できたケース

相談者 女性(40代/無職) 傷病名:脊髄小脳変性症 決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級 2年半遡及額: 約300万円相談時の相談者様の状況最初の症状は頭痛とめまいでした。症状が悪化したため神経内科を受診。検査の結果脊髄小脳変性症と診断されました。投薬治療を開始しましたが手足に力が入らず歩行も困難になってきました。現在も治療を続けていますが、症状は悪化傾向で外出時には車椅子を利用しています。 続きを読む >>

 >> 脊髄小脳変性症で障害厚生年金3級を取得、年間約58万円を受給できたケース

相談者 男性(30代)無職傷病名:脊髄小脳変性症決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級支給月から更新月までの総支給額:約58万円   相談時の相談者様の状況 2年前、就寝時にけいれんを起こし、救急搬送されました。 脳の精密検査を行ったがその時に以上は見られなかったため退院しました。 相談者は工場での勤務でしたが、退院後も体調は回復せず、歩行時のバランスが悪くなったため、工場勤務は危険 続きを読む >>

 >> 脊椎小脳変性症で障害基礎年金1級を取得、年間約100万円を受給できたケース

相談者 男性(50代/無職)傷病名:脊髄小脳変性症決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級支給月から更新月までの支給総額: 約300万円   相談時の相談者様の状況 会話中ろれつが回らないということが起こり始め、周囲から酔っぱらっているようだと言われるようになりました。徐々に症状が悪化し、めまいや頭痛も起こってきたため受診。MRIで小脳の委縮が認められ脊椎小脳変性症と診断されました。治 続きを読む >>