MENU

脊髄小脳変性症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

女性(50代/無職)
傷病名:脊髄小脳変性症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
支給月から更新月までの支給総額:約422万円

相談時の相談者様の状況

ご本人様からお電話をいただき、後日ご主人様と一緒に無料相談にお越しいただきました。
ご自身で手続きをすすめようと年金事務所に足を運びましたが、煩雑な手続きのためご自身で進めるのは難しいと判断されたとのことです。
主治医の先生にもどのように伝えて良いのかわからず不安だとのことでした。
また杖がなければ歩行は困難で、段差で躓いたり転倒したりしてしまうこともあるようでしたので、障害等級2級の可能性があると判断しました。

相談から請求までのサポート

脊髄小脳変性症の場合、各関節の可動域や筋力だけでなく、日常生活上の様々な動作についての項目を重要視されます。
事前にヒアリングした内容をもとに参考資料を作成し医師にお渡しいただきました。
出来上がってきた診断書を確認したところ、重要な項目がいくつか抜けておりましたので、直ぐに病院へ連絡し、追記をお願いしました。
病歴就労状況等申立書を作成する際は、ご本人様からヒアリングした発症から現在までの状況や、実際にご本人の状態を確認したうえで日常生活が困難な状況について詳しくまとめました。

結果

障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給しました。