MENU

慢性賢不全

 >> 慢性腎不全(糖尿病性腎症)で障害厚生年金2級を取得、年間約190万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 内科で10年以上前から糖尿病の治療を行っていたが、別のご病気を発症したことによる影響で、人工透析を受けていました。 初診日はいつになるのかお困りでご相談頂きました。 相談から請求までのサポート  同じ病院の複数の科で治療を行っていたため、直接病院に行き書類担当の方と初診日についてお話をしました。 作成いただいた初診日の証明は請求傷病のことが明確に記載されていたため 続きを読む >>

 >> 慢性腎不全で障害厚生年金2級を取得、年間約128万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご相談者様は10年前に行った血液検査で偶然に腎不全が判明しました。 お姉様も同じく腎不全で人工透析から腎移植を受けられたそうです。 ご家族の目から見てもどれだけ大変なご病気かご存知でしたので医師の指導を忠実に守り生活してこられましたが、腎機能の数値は年々悪化していきました。 人工透析は導入されていませんでしたが、お仕事を退職されたことを機に、障害年金受給の可能性を検 続きを読む >>

 >> 慢性腎不全で障害厚生年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 当初はご自身で手続きを進めようと年金事務所の窓口に通っておりました。 受診状況等証明書に前医の記載があり、そこで受診状況等証明書の取得をするよう指示を受けたということでした。 20年以上経過しているため、ご自身で取得することは困難とのことで相談にお越しいただきました。  相談から請求までのサポート 受診状況等証明書の作成の依頼から代行させていただきましたが、初診は 続きを読む >>