MENU

心疾患-その他

 >> 右室性単心室症、フォンタン術後、慢性心不全で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者 男性(30代/無職) 傷病名:右室性単心室症、フォンタン術後、慢性心不全 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 相談時の相談者様の状況 当初はご自身で手続きを進めていましたが、初診日について悩まれ相談にお越しいただきました。 この方は先天性の単心室症により5歳で手術を行い、その後経過観察を続けていました。 しかし日常生活にそこまでの支障はなかったため、途中で通院を中断。 続きを読む >>

 >> 肺動脈性肺高血圧症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者 男性(20代/無職) 傷病名:肺動脈性高血圧症 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 相談時の相談者様の状況 幼児期にけいれん発作を起こし救急搬送され、てんかんの疑いと診断されました。 精密検査の結果、肺動脈性高血圧症と判明し治療を開始しました。 運動はできず遠足や修学旅行は酸素ボンベを携行していました。 わずかな動作でも息切れが起き、横になって過ごすことしかできないた 続きを読む >>

 >> 大動脈弁狭窄症で障害厚生年金1級を取得、年間約146万円を受給できたケース

相談者 男性(50代/無職) 傷病名:大動脈弁狭窄症 決定した年金種類と等級:障害厚生年金1級 支給月から更新月までの支給総額: 約360万円 相談時の相談者様の状況  障害厚生年金3級を受給中でしたが、手術の失敗により意識障害で寝たきりとなってしまい症状が重くなったことによる等級変更の手続きを行いました。   相談から請求までのサポート  前年にご本人から依頼を受け請求手続きを 続きを読む >>

 >> 肥大型心筋症で障害厚生年金2級を取得、年間170万円を受給できたケース

相談者 男性(40代)/無職 傷病名:肥大型心筋症 決定した年金種類と等級:障害厚生年金 2級 支給月から更新月までの総支給額:約170万円 相談時の相談者様の状況 会社の健康診断にて心機能障害があると指摘されました。 仕事が三交代勤務で忙しく、また病気を甘く見ていたため受診しませんでした。 その後、動悸、めまいなどの症状が現れており、肥大型心筋症と診断されました。 突然死の危険 続きを読む >>

 >> ファロー四徴症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者 男性(20代/無職) 傷病名:ファロー四徴症 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 支給月から更新月までの支給総額: 約270万円 相談時の相談者様の状況 生後ミルクを吐き続けたため大学病院で精密検査を受けた結果、ファロー四徴症 と診断されました。 生後半年の人工肛門から、心臓カテーテル、肺動脈弁置換術、 ファロー四徴症根治手術と3歳まで手術が続きました。 その後は経 続きを読む >>

 >> ICDで障害厚生年金3級を取得、年間81万円を受給できたケース

相談者 男性(50代)/会社員 傷病名: 心室細動 決定した年金種類と等級:障害厚生年金 3級 支給月から更新月までの総支給額:年間受給額:81万円 約2年間遡及合計額:140万円 相談時の相談者様の状況 入浴中、胸の辺りがジーンと苦しくなり、立ち止まることがありました。 年齢のせいかと思っておりましたが、職場にて心配停止となり病院に緊急搬送。 10日間意識不明であったが命 続きを読む >>