MENU

心疾患-その他

 >> 人工血管挿入(急性大動脈解離)で障害厚生年金3級を取得、年間約80万円を受給できたケース

相談者 男性(50代/会社員) 傷病名:人工血管挿入術(急性大動脈解離StanfordA) 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 相談時の相談者様の状況 突然の胸部激痛があったため救急搬送されました。 検査の結果、大動脈解離を指摘され、人工血管置換術を受けました。 入院先の病院から相談のお電話をいただきました。 相談から請求までのサポート 退院後、すぐに相談にお越しいただきました。 人工血管置 続きを読む >>

 >> ステントグラフト挿入(大動脈解離スタンフォードA)で障害厚生年金3級を取得、年間約97万円を受給できたケース

相談者 男性(50代/無職) 傷病名:ステントグラフト挿入(大動脈解離スタンフォードA) 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 相談時の相談者様の状況 ご自宅で激しい胸の痛みに襲われ救急搬送されたところ、大動脈解離スタンフォードAと診断され即日手術を受けられました。 人工血管及びステントグラフトの挿入を受けましたが、ご体調が優れず職場復帰ができない状況でした。 勤務先でお付き合いのある社労士の 続きを読む >>

 >> CRT-D(心室頻拍、拡張型心筋症)で障害厚生年金2級を取得、年間約173万円を受給できたケース

相談者 男性(50代/会社員) 傷病名:CRT-D(心室頻拍、拡張型心筋症) 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級   相談時の相談者様の状況 お電話でいただき後日面談に起こしいただきました。 相談者様は過去に、心室頻拍でICDの埋め込み術を受けられ、障害厚生年金3級を受給されていました。 経過観察を継続するも労務時の息切れ等により、CRT-Dへアップグレード手術を受けられたそうです。 障害状 続きを読む >>

 >> 洞不全症候群で障害厚生年金3級を取得、年間約61万円を受給できたケース

相談者女性(50代/無職)傷病名:洞不全症候群決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級支給月から更新月までの支給総額:約107万円相談時の相談者様の状況5年ほど前、階段の昇降中に動悸を感じ近医を受診しました。ホルター検査を受けましたが、特に異常なしとされ、その後は受診しませんでした。2年程前に動悸に加えふらつきの症状が現れたため、改めて受診したところ洞不全症候群が認められ、ペースメーカー移植手術が 続きを読む >>

 >> 大動脈弁狭窄症で障害厚生年金1級を取得、年間約146万円を受給できたケース

相談者  男性(50代/無職)  傷病名:大動脈弁狭窄症  決定した年金種類と等級:障害厚生年金1級  支給月から更新月までの支給総額: 約360万円   相談時の相談者様の状況  障害厚生年金3級を受給中でしたが、手術の失敗により意識障害で寝たきりとなってしまい症状が重くなったことによる等級変更の手続きを行いました。   相談から請求までのサポート  前年にご本人から依頼を受け請求手続きを進め 続きを読む >>

 >> 大動脈弁閉鎖不全症で障害厚生年金3級を取得、総額約370万円を受給できたケース

相談者  男性(40代/会社員)  傷病名:大動脈弁閉鎖不全症)  決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級  5年遡及額: 約350万円  相談時の相談者様の状況 会社の健康診断で心機能の異常は指摘されていましたが、仕事が忙しく、自覚症状もなかったため 病院には行っていませんでした。 勤務終了後、胸に突然激痛が走りそのまま救急搬送され、急性大動脈解離の手術が行われました。 2週間で退院し定期検 続きを読む >>

 >> ファロー四徴症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者 男性(20代/無職)傷病名:ファロー四徴症決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級支給月から更新月までの支給総額: 約270万円   相談時の相談者様の状況 生後ミルクを吐き続けたため大学病院で精密検査を受けた結果、ファロー四徴症 と診断されました。生後半年の人工肛門から、心臓カテーテル、肺動脈弁置換術、 ファロー四徴症根治手術と3歳まで手術が続きました。 その後は経過観察を続 続きを読む >>