MENU

その他の受給事例

 >> 悪性脳腫瘍(膠芽腫)で障害厚生年金1級を取得、年間約130万円を受給できたケース

相談者 女性(50代/無職) 傷病名:悪性脳腫瘍(膠芽腫) 決定した年金種類と等級:障害厚生年金1級 相談時の相談者様の状況 ご相談者様は勤務中に激しい頭痛と嘔吐の症状が現れ病院を受診しました。 検査の結果、脳腫瘍が見付かり即日入院となりました。 その後、大学病院へ紹介転院し摘出手術を実施しました。 放射線療法等の効果が現れ、一時、病状は安定していましたが4年経過後に再発を認め再手 続きを読む >>

 >> 黄色靭帯骨化症で障害厚生2級を取得、年間約180万円を受給できたケース

相談者 男性(40代/老人福祉施設職員) 傷病名:黄色靭帯骨化症 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級   相談時の相談者様の状況 ご相談者様は介護職員として高齢者の入浴介助等、重労働に従事していました。 足の痺れを感じ始めた当初は職業病かと思われていたそうですが、徐々に症状が悪化し、勤務に支障をきたすようになりました。 近所の整形外科を受診しましたが症状は改善せず、2件目の病 続きを読む >>

 >> 肺動脈性肺高血圧症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者 男性(20代/無職) 傷病名:肺動脈性高血圧症 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 相談時の相談者様の状況 幼児期にけいれん発作を起こし救急搬送され、てんかんの疑いと診断されました。 精密検査の結果、肺動脈性高血圧症と判明し治療を開始しました。 運動はできず遠足や修学旅行は酸素ボンベを携行していました。 わずかな動作でも息切れが起き、横になって過ごすことしかできないため就職も断念し、 続きを読む >>

 >> パーキンソン病で障害厚生年金3級を取得、年間約93万円を受給できたケース

相談者 男性(50代/自営業) 傷病名:パーキンソン病  決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級   相談時の相談者様の状況 仕事の忙しさからストレスがたまると手が震え、動きが鈍いと感じることがありました。 カイロプラテックで施術を受けましたが症状が変わらず、足を引きずって歩くほどになってしまったため医療機関を受診しました。 診察の結果、パーキンソン病と診断されました。 外来通院と薬の処方を受け 続きを読む >>

 >> 慢性腎不全で障害厚生年金2級を取得、年間約182万円を受給できたケース

相談者男性(60代/会社員)傷病名:慢性腎不全決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級支給月から更新月までの支給総額:約897万円相談時の相談者様の状況当初はご自身で手続きを進めようと年金事務所の窓口に通っておりました。受診状況等証明書に前医の記載があり、そこで受診状況等証明書の取得をするよう指示を受けたということでした。20年以上経過しているため、ご自身で取得することは困難とのことで相談にお越し 続きを読む >>