MENU

うつ病・線維筋痛症で障害基礎年金2級を取得、年間約100万円を受給できたケース

相談者

女性(30代/無職)
傷病名:うつ病 、線維筋痛症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

相談時の相談者様の状況

同居の姑との関係に悩まされていました。
狭いところや人混みに行くと呼吸困難や動悸が現れるようになりました。
精神科を受診したところパニック障害と診断されました。
定期的に通院し、投薬を受けていましたが抑うつ症状が強くなりうつ病としての治療を開始。
最終的にはストレスから声が出ない状態になってしまったため姑との別居を決意。
現在も通院を続けていますが、精神的な落ちこみに加え線維筋痛症を発症し、肉体的にも精神的にも辛い日々を過ごしています。

相談から請求までのサポート

初診から一貫して同じ病院、同じ医師の診察を受けておられましたので、診断書の内容は実態に即したものでした。
日常生活の状況や支障、制限などを細かくヒアリングし、当センターで病歴就労状況等申立書を作成しました。

結 果

障害基礎年金2級を取得、年間約100万円(子供1人の加算あり)を受給しました。