MENU

うつ病・線維筋痛症で障害厚生年金1級を取得、年間約297万円を受給できたケース

相談者

男性(50代/無職)
傷病名:うつ病・線維筋痛症
決定した年金種類と等級:障害厚生年金1級

相談時の相談者様の状況

相談者様は「線維筋痛症」と「うつ病」により長年勤務された金融関係の仕事を続けることができなくなり退職に至りました。
初回無料相談時には傷病手当金を受給中でしたが、生活費の他お子様二人の学費負担があるため、傷病手当金から障害年金へのスムーズな移行を希望されてご相談にいらっしゃいました。

相談から請求までのサポート

「線維筋痛症」の患者様は確定診断が下るまでに様々な医療機関を受診するケースが多く、その過程で「うつ病」を併発されることも度々あります。
ご相談者様も「線維筋痛症」と正式に診断されるまでに数件の病院を受診され、それぞれの病院で別の診断名が下されていました。
初診日を特定することが難しいケースでしたが、3件分の受診状況等証明書を取得して、正確な初診日が判明しました。
現在は「線維筋痛症」と「うつ病」を同じ医師に診察して頂いていますが、医師が多忙なため、「うつ病」の診断書作成までに半年以上、「線維筋痛症」の診断書に至っては10ヶ月以上を要しました。
診断書の有効期限が3ヶ月であることから、やむを得ずまずは「うつ病」のみ手続きし、追って「線維筋痛症」の手続きをすることになりました。
病歴就労状況等申立書には各傷病の経過、症状などが混在しないよう、細心の注意を払って作成しました。

結果

当初、「うつ病」2級、「線維筋痛症」2級、総合判定で厚生年金2級の裁定が下りましたが不服申立て(審査請求)で併合1級を主張し、無事に障害厚生年金1級を取得、年間約297万円を受給できました。